最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1602号
5月11日・18日号
4月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

4月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

川淵三郎氏が就任辞退…“盟友”花田紀凱氏が「彼は右派じゃない」

社会・政治 投稿日:2021.02.12 21:30FLASH編集部

川淵三郎氏が就任辞退…“盟友”花田紀凱氏が「彼は右派じゃない」

東京五輪・パラリンピック組織委の合同懇談会に臨む川淵氏

 

「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」などの “女性蔑視発言” の責任を取り、2月11日に辞意を表明した、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)。同日、森氏は後継に日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏(84)を指名し、川淵氏も受諾する意向を明かした。

 

 しかし翌12日、事態は一変。組織委員会の会合に出席した川淵氏は、こう発言した。

 

 

「会長候補は白紙に戻し、辞退させたいただきますと申し上げた。混乱を招き、本当に申し訳ない。配慮が足りなかった」

 

 この間に一部の人々が問題視したのが、川淵氏がオピニオン誌『月刊Hanada』の愛読者だと公言していることだった。同誌は反韓・反中の立場をとる、右派のオピニオン誌の筆頭格だ。同誌の編集長を務めるのは、『週刊文春』元編集長である花田紀凱氏。当の花田氏に、一連の騒動について聞いた。

 

 川淵氏とは旧知の仲だという花田氏は、「まず、森さんは辞める必要はないと思います」と言う。

 

「みなさんは、2019年のラグビーワールドカップの熱狂を忘れたんですか? あれほど日本中が沸く祭典になったのも、すべて森さんの力ですよ。東京五輪についても、どれだけ彼が力を尽くしてやって来られたか……。森さんは人工透析を週に3回もしながら、職務に当たられているんですよ。

 

 もちろん、オリンピック運営に関しては、批判すべきところはあります。でも今回の発言に関しては、僕は責め立てるメディアに、むしろ納得がいきません。僕は “メディア・リンチ” だと思っています」

 

 花田氏は川淵氏の就任辞退についても、「森さんと同様です」と語気を強める。

 

「川淵さんの過去の発言、たとえば『女だてらにサッカーをやるもんじゃない』といったものを引き合いに、“森会長と同類だ” とスポーツ紙なんかは滅茶苦茶に書いていますが、そんなことはありません。

 

 本筋として『東京五輪をやるべきか、やらざるべきか』を考えたら、そんなことを報じている場合ではありません。トランプ前大統領をいまだに責め立てている、アメリカの主流メディアと同じですよ。

 

 僕は、森さんが “仕方なく” 身を引かれたときに、『川淵さんがいて、よかったな』と素直に思いました。委員会の中から選ぶ規定がありますからね。『森さんは、いい人に後事を託したな』と安心したんです」

 

 花田氏は、川淵氏が就任を辞退したことを、こう残念がる。

 

「川淵さんとは『文春』時代から、長いおつき合いなんです。Jリーグのスタートのときも、ご招待いただいたほど。今も、うちの雑誌は毎号お送りしていますし、ときどきお会いすることもありますね。

 

 彼は人柄も明るく、なにより組織をまとめる力がある。サッカーだけでなく、バスケットではあんなに揉めていた協会を、たちまちまとめ上げたわけで。

 

 問題視されている彼の反韓言論についても、過激なことを言っているわけではないですし、考え方自体は個人の自由です。あの年代の普通の日本人として、中国や韓国のやり方に違和感を持っていらっしゃる部分はあるかもしれませんが、とくに偏った右の考えを持ってはいませんし、積極的に発信してもいません。彼を右派だと言ったら、気の毒だなという気がします。

 

 今回は、川淵さんに会長をつなぐことが、いちばんスムーズに移行できる、ベストな選択だったと思います。どういう理由かわかりませんけど、またダメになったのは、とても残念ですね。国際的にも顔が広く、組織委員会内部を短期間にまとめる力がある人は、川淵さんのほかに考えられないですから」


写真・朝日新聞

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入