最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

キンコン西野亮廣もハマる「絵本作家」これって儲かるの?社会・政治 投稿日:2016.11.16 12:00

キンコン西野亮廣もハマる「絵本作家」これって儲かるの?

写真:AFLO

 

 お笑いコンビ、キングコング西野亮廣の「絵本作家」活動が活発化している。東京・神宮前では個展「えんとつ町のプペル展」が開催され、メインの41枚組「光る絵」(原画を特殊フィルムにプリントし、LEDライトを使って光らせたもの)が1000万円で売れたという。

 

 西野は日頃から「ディズニーランドを倒したい」と公言している。

 

「『人を幸せにするのは物質的な豊かさではなく、精神的な豊かさである』

 

 ここで終わってしまうと、バカ高いお金を払わせる薄気味悪いセミナーみたいになってしまうので、宇宙レベルの天才・西野ちゃんは、もうちょっと踏み込んで、そして『行動』までをキチンとデザインし、提供する」

 

 ブログでこんな怪気炎をあげる西野だが、絵本作家はそんなに儲かるのだろうか?

 芸能人の絵本作家といえば、ざっと調べただけで、以下のようにたくさんいる。

 

●『いぬとハナマン』
 よゐこの濱口優が2005年に手掛けた捨て犬が主人公のオリジナル童話

 

●『みならい天使のさんたろう 』
 芋洗坂係長が息子のために作った一冊。貼り絵でできた凝った作品

 

●『野性昔ばなし』『野性昔ばなし THEワールド』
 どちらも野性爆弾の川島邦裕が手掛けた。昔話をモチーフに、話が縦横無尽に展開していく

 

●『すきすきどんどん』
 何回キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代が手掛けた絵本は、大人の心に響くと評判に

 

●『ほしのはなし』
 世界の北野武が手掛けた作品は、第47回造本装幀コンクール「日本印刷産業連合会会長賞」を受賞。絵本を広げると迫力の夜空の絵が広がる仕掛けになっている

 

 しかし、こうした作品で「儲かった」という話はあまり聞かない。

 

 西野の個展も、クラウドファンディング(ネット上の寄付活動)で4637万3152円という大金を6257人の支援者から集め、入場無料で実現したものだ。

 

 4637万円とはかなりの額だが、これをすべて使えるわけではないと、西野はブログで語っている。

 

 当初の目標は180万円で、これは光るLED絵画のサイズが30cm×30cmと想定していた。だが、想定外の寄付が集まり、途中で60cm×60cmのサイズに変更したそうだ。

 

 その結果、プロデューサーが算盤をはじいたところ「若干、赤字かも」という答えが出てきたのだという。

 

 芸能人が絵本を出せば簡単に儲かる——というのは、やはり夢物語なのかも。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入