最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1600号
4月27日号
4月13日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

4月9日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

遺体からクレジットカード盗んで航空券を…罰当たりな男が逮捕される

社会・政治 投稿日:2021.04.01 20:00FLASH編集部

遺体からクレジットカード盗んで航空券を…罰当たりな男が逮捕される

写真はイメージ

 

 3月30日、アメリカ司法省は、ニューヨーク検視局に勤務していたチャールズ・マクファゲン容疑者(66)とウィーリー・ガーコン容疑者(50)を逮捕したと発表した。2人は、検視局に運ばれた遺体からクレジットカードを盗み、不正使用していた。

 

 報道が流れると、SNSには「なんて罰当たりな」「いつか地獄に落ちるだろう」などと、怒りの声があふれかえった。

 

 

 2003年から2016年の13年間にわたって検視官として働いていたマクファゲン容疑者は、「働いているときに検視局の同僚から4枚、仕事をやめた後もカードを6枚渡された。それを使っていただけ」と証言している。

 

 事件を担当した捜査官は「切手やハンバーガーといった、ちょっとした買い物に使っていたようだ」と裁判所に報告しており、およそ150万円の使用が確認されている。

 

 ガーコン容疑者も同様に遺体からクレジットカードを盗み、不正使用していた。

 

 2018年から2020年まで検視局で働いていたガーコン容疑者は、遺体を発見現場から検視局まで運ぶ仕事を担当していた。別の事件で逮捕され、警察が調べたところ、所有者がすでに死亡しているクレジットカードやデビットカードが4名分見つかった。

 

 調べを進めると、そのうち3名の遺体をガーコン容疑者が運んでおり、ようやく不正使用が明らかになった。使用は航空券やエアコン、光熱費など70万円にのぼるという。

 

 報道によると、マクファゲン容疑者は830万円、ガーコン容疑者は550万円で保釈される見込みだが、裁判で有罪となれば最大で10年の懲役刑となる。

 

 アメリカに限らず、クレジットカードの所有者が死亡した場合、親族による「解約手続き」が必要となる。今回の事件では、親族たちが解約せずにそのまま放置していたと推測される。
 

 特殊な職場環境を利用した、なんとも罰当たりな2人だった。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入