最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1603号
5月25日号
5月11日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月11日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

疑惑の日比谷高新校長が「事実無根」と校内放送! 本誌「都立小石川・調査書改ざん」報道の証拠文書を公開

社会・政治 投稿日:2021.04.25 20:00FLASH編集部

疑惑の日比谷高新校長が「事実無根」と校内放送! 本誌「都立小石川・調査書改ざん」報道の証拠文書を公開

本誌が入手した「改ざんの経緯書」(個人の特定を避けるために修正しています)

 

 4月13日発売の本誌『FLASH』が報道した、「調査書改ざん」問題が波紋を呼んでいるーー。改ざんは2021年1月~2月に、公立の中高一貫校「東京都立小石川中等教育学校(都立小石川)」で起きた。

 

 事の発端は、2021年3月に卒業した当時の “10期生” が、受験の際に大学に提出した「調査書」が白紙だったことにある。その “事故” を受けて、調査書のもとになる「生徒指導要録」に対する東京都教育委員会(都教委)の監査が厳しくなることを恐れた都立小石川の当時の校長らが、「生徒が取得した資格について、根拠資料の提出がないものは消去せよ」と指示を出した、というのが、今回の改ざんの内容だ。

 

 

 都立小石川ではそれまで、「TOEIC」や「数検」などの資格を取得した生徒に根拠資料を提出させていなかった。その結果、今回の校長らの指示により、根拠資料は学校へ提出されていないものの、きちんと試験などに合格して取得した資格までが、「根拠資料が提出されていないから」として、生徒指導要録から削除されてしまうことになった。

 

 つまり、本人の知らぬ間に、調査書に書かれた在学中の成績が悪く書き換えられている生徒がいるということだ。このままでは浪人し、2022年に再び大学を受験する10期生のなかに、不利益を被る生徒も出てくることになる。

 

 前回報道時に、当時の都立小石川校長だった梅原章司氏を直撃すると、改ざんの事実を否定した。東京都教育庁も「改ざんにあたることや、10期生が不利益を被ることはありません」といった回答で問題がないことを強調したのだが……。

 

 梅原氏は2021年4月から、都立のトップ校「東京都立日比谷高校」の校長に就任している。本誌報道があった翌日である4月14日の日比谷高校の様子を、同校の保護者が明かす。

 

「着任して早々の報道だったので、校内でも梅原校長のことは話題になっていました。それを沈静化しようとしたのか、校長が『FLASHの記事は事実無根です』と、校内放送で全校生徒に呼びかけたんです」

 

 その保護者は、都教委にも問い合わせたという。

 

「都教委の電話窓口に報道のことを聞きました。そうしたら、担当者から『あの記事には何も証拠がないでしょ? だから、あれは捏造ですよ』と言われました」

 

 しかし、本誌は前回報道時、現役教員のA氏に取材をおこない、改ざんまでの詳細な経緯を確認している。さらに、都立小石川の教員たちが作成した、改ざん問題の「経緯書」も今回新たに入手した。その内容の一部を次のページで公開する。

12

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入