最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1618号
9月28日・10月5日号
9月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月3日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

配管むき出しトイレ少なすぎ「新国立競技場」これで工事費1569億円

社会・政治 投稿日:2021.05.30 06:00FLASH編集部

配管むき出しトイレ少なすぎ「新国立競技場」これで工事費1569億円

トイレを探す人で通路は混雑

 

■設計案とは違う “むき出し施工”

 

 5月9日、東京五輪に向けた、陸上競技の「東京2020テストイベント」がおこなわれた。会場は建築家の隈研吾氏が設計を担当し、周囲の自然と調和する「杜のスタジアム」としてデザインされた新国立競技場。工事費は1569億円にのぼるが、「鳴り物入りで完成した競技場だけど、がっかりだな」という声が。

 

「その意見はわかります。私もどんなスタジアムになったのか期待しながら、昨年の元日に天皇杯決勝を観戦しました。そのときの新国立競技場の第一印象は、残念感しかなかったです」

 

 

 こう話すのは、サッカー好きが高じて各地のスタジアムで観戦している、一級建築士の東ヶ崎光章氏。

 

「ファサードと呼ばれる外壁にルーバー状の木が打ちつけてあるんですけど、留めているボルトが丸見え。隠していないんです。これは狙ったデザインではなく、予算的な問題だと思います。同じく天井まわりの配管もむき出しでした。設計当初のCG案では隠されていたので、配管設備の設計が間に合わなかったのか、予算的理由なのか……」

 

天井に張り巡らされた多くの配管はむき出し

 

 さらに、観客席が設置されているスタンドの傾斜と、トイレの数も問題だという。

 

「競技場の高さを抑えたかったのかもしれませんが、下層席は角度がなだらかでピッチが見えず、サッカー観戦には不向きです。また、観客(2020年天皇杯決勝の観客は、約5万7000人)に対してトイレの数が圧倒的に少ない。いつも長蛇の列です」

続きを見る
12

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入