最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1608号
6/29・7/6号
6月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月15日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

元修道女、学校の運営資金9000万円を着服してカジノで大豪遊

社会・政治 投稿日:2021.06.09 22:53FLASH編集部

元修道女、学校の運営資金9000万円を着服してカジノで大豪遊

元修道女が校長を務めたセント・ジェームス・カトリック・スクール(グーグル・ストリートビューより)

 

 6月8日、米連邦地検はカリフォルニア州に住むメアリー・マーガレット・クーパー(79)を詐欺の容疑で起訴したと発表した。カトリック系学校で28年間にわたり校長を務めたクーパー容疑者は、その立場を悪用し、のべ9000万円にのぼる学校の運営資金を着服していた。

 

 校長として、授業料や修道僧たちの生活費、チャリティーで集まった善意のお金など、多額の運営資金を管理していたクーパー容疑者。だが、資金の多くを、現金や小切手というかたちで自分の口座に流し続けていた。

 

 

 海外メディアの報道によると、クーパー容疑者は9000万円を超えるその着服金を、クレジットカードの返済に当てたほか、ラスベガスへの旅行費、カジノでの遊興費に使ったという。

 

 自身も18歳から修道女となり、人々の救済のために歩み続けたはずだったが、2018年、ついに悪行が発覚。警察による調査が続き、このたびついに起訴に至った。

 

 弁護人は報告書のなかで「本人は非常に反省している」とし、以前から患っている精神疾患を理由にあげたが、クーパー容疑者はすでに詐欺とマネーロンダリングの容疑を認めている。

 

 ツイッターには「信念と真逆のことをやっていて面白い」「たとえカジノで豪遊しても、そんな大金を使い切れる自信はないよ」といったコメントが並ぶ。

 

 カネの誘惑に負けてしまった元修道女。7月1日にひらかれる予定の初公判では、最大で40年の懲役刑が下される見込みだ。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

6月22日発売
表紙:与田祐希(乃木坂46)

詳細・購入