最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1618号
9月28日・10月5日号
9月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月3日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

「茨城一家殺傷に手口が酷似」…もうひとつの “ポツンと一軒家殺人” の被害者長男が警察に不信感

社会・政治 投稿日:2021.06.16 06:00FLASH編集部

「茨城一家殺傷に手口が酷似」…もうひとつの “ポツンと一軒家殺人” の被害者長男が警察に不信感

事件現場の照幸さんの父の自宅には、捜査協力を求める立て看板がある。当時は今よりも木々に覆われていたという

 

 照幸さんは、警察が “怨恨説” に固執しすぎたせいで、犯人が捕まっていないと訴える。

 

「たとえば、付近を走る車のドライブレコーダーを確認するなどの捜査はあまりやっていないようでした。警察によると、目撃者はおらず、現場に残されていたのは、遺体発見時に駆けつけた消防団や警察の足跡だけだというんです。初動捜査でミスをしたのではないかと疑ってしまいます」

 

 事件から3年半が経過し、地元でも事件が次第に忘れられつつあるという。

 

「警察の要請で、事件の起きた一軒家はそのままにしてありますが、屋根が抜けてボロボロの状態です。この事件が、家と一緒に風化してしまうのが、いちばん怖いです」

 

 元兵庫県警警察官でジャーナリストの飛松五男氏は、この事件と境町の事件の関連性についてこう指摘する。

 

「2つの事件には、やはり類似点が多いといえるでしょう。唯一、違うのは凶器です。境町の事件では鋭利な刃物を使用したとされていますが、つくば市の事件の凶器は、鈍器のようなものだと思われます。しかし、同一犯でも犯行の手口を変えることはよくあること。警察は、岡庭容疑者を含めた通り魔的な犯行も視野に入れ、緻密な再捜査をおこなうべきです」

 

 事件解決にはまだ時間がかかりそうだ。

 

(週刊FLASH 6月29日・7月6日合併号)

続きを見る
12

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入