最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1651号
7月5日号
6月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月24日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

逮捕された強盗男、「ニセ札」で保釈金を払って罪が重くなる

社会・政治 投稿日:2021.06.30 23:13FLASH編集部

逮捕された強盗男、「ニセ札」で保釈金を払って罪が重くなる

デーシェンス容疑者(ヨーク郡保安官事務所の公式フェイスブックより)

 

 アメリカ・メイン州の拘置所に、ひとりの男が勾留された。自由になるため、男が保釈金として差し出したものは「ニセ札」だった。

 

 6月26日の朝5時頃、車による強盗事件が起き、捜査がすすめられた。地元の保安官が声をかけたのは、女友達と口論しながら歩いていたマイケル・デーシェンス容疑者だった。

 

 

 取り調べの結果、早朝の強盗事件には関与していないと判明したが、その一方、過去に起こした「別の強盗事件」で逮捕状が発行されていることが明らかに。そのまま、あえなく逮捕されてしまった。

 

 日本でも馴染みのある「保釈金」。一定の金額を納付することで、公判まで、逮捕・勾留された人物の拘束を解くものだ。現地の保安官事務所の発表によると、デーシェンス容疑者は、自由を求めて即座に保釈金を払ったという。

 

 だが、自由の身になるかと思われたが、事態は一変。なんと、支払ったお金のなかに、2枚のニセ100ドル札があったのだ。結果、罪状に「通貨偽造」の容疑が追加されてしまった。

 

 デーシェンス容疑者は、その日のうちに本物の100ドル札で保釈金を支払い、自由の身になった。初公判は8月4日にひらかれる予定だ。

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入