最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1622号
11月12日号
10月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月19日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

77歳の女性、4匹の犬に噛み殺される「犬たちは以前から脱走騒ぎを」

社会・政治 投稿日:2021.07.09 11:00FLASH編集部

77歳の女性、4匹の犬に噛み殺される「犬たちは以前から脱走騒ぎを」

噛み殺されたマリアさん(クラウドファンディングのサイトより)

 

 事件は、7月6日の朝に起こった。アメリカ・アリゾナ州の自宅前で、77歳のマリア・セバスチャンさんが襲われた。“犯人” は、近所で飼われていた4匹の犬だ。

 

 マリアさんは午前7時ごろ、玄関先に腰をかけていたところを犬に襲われた。現地警察は「我々が到着したとき、すでに重傷を負っていた」と語っており、その後、搬送先の病院で死亡が確認された。

 

 

 同時に、4匹の飼い主であるアレハンドロ・フェルナンデス容疑者(33)が、過失致死の罪で逮捕されている。

 

 フェルナンデス容疑者が飼う犬たちの凶暴さは近所でも有名だった。近隣住民はメディアの取材に対し「これまでも、何回か犬が逃げ出し、そのたびに警察を呼んだのよ。それくらい、あの家の犬は怖かった」と語っている。

 

 実際、犬たちは2020年2月と今年4月、“脱走事件” を起こしており、地域の動物保安部から「犬を外に出さないよう、門を修理せよ」と飼育環境の改善指示が出されていた。

 

 マリアさんの孫娘は、以前からフェルナンデス容疑者と犬のことで揉めていたと言うが、「いっさい私たちの話を聞かず、なんの対応もしてくれなかった。その結果、おばあちゃんの命は奪われたんです」と訴えている。

 

 関係者は、マリアさん追悼のため、クラウドファンディングを開始、すでに600ドル以上が集まっている。

 

 今回の加害者である4匹の犬は、事件後に捕獲され、フェルナンデス容疑者の同意のもとで「安楽死」の処置がとられた。飼い主のモラルの欠如が、ひとりの人生を奪い去った。

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入