最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1651号
7月5日号
6月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月24日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

8時間で10人が撃たれた!犯人はいまだ捕まらず悪夢の時間が続く

社会・政治 投稿日:2021.07.14 11:00FLASH編集部

8時間で10人が撃たれた!犯人はいまだ捕まらず悪夢の時間が続く

 

 アメリカ・インディアナ州から、衝撃的なニュースが飛び込んできた。わずか8時間で6件の発砲事件が発生し、10人が撃たれたのだ。そのうち、3人が犠牲になったという。

 

 事件が起きたのは、世界3大レースのひとつである「インディ500」の開催地で知られる州都インディアナポリスだ。

 

 

 第1の発砲事件は、州の中心部に位置する閑静な住宅街で起こった。7月12日19時35分、ここで1名が撃たれた。幸いなことに命に別状はないという。

 

 それから10分も経たず、最初の事件現場から西へ5キロ離れた場所で、またも発砲事件が起きる。そこで撃たれた1名は、病院に搬送された。

 

 30分後、通報を受けた警察は、2度目の発砲現場から北西に3.7キロ離れた場所に向かった。そこで、車内にいたところを撃たれたとみられる男性を発見。男性はすぐさま病院に運ばれるも、まもなく死亡した。

 

 その後、22時30分に別の場所で1名が撃たれ、日付が変わった13日の深夜1時に、またも4人の男性が撃たれる。

 

 さらに、4人が撃たれた現場から南に4キロ移動した住宅内でも発砲事件が起こった。駆けつけた警察が見つけたのは、銃を使って無理心中を図ったとみられる男女2名の遺体だった。

 

 立て続けに発生した6件の発砲事件により、3名の命が奪われた。現在、インディアナポリス警察は、それぞれの発砲事件の容疑者を追うとともに、住民たちへ、情報提供と危機管理の徹底を呼びかけている。

 

「銃大国」アメリカでは、発砲事件は珍しいことではない。アメリカの銃事件情報サイト「GUN VIOLENCE ARCHIVE」によると、2020年には611件の銃乱射事件があり、自殺者を除く犠牲者数は、年間で1万9000人を超えているという。

 

 インディアナ州に暮らす女性はツイッターで「銃を排除して、スポーツや文化のあふれるインディアナポリスを取り戻したい」と悲痛な声を投稿した。

 

 心中を除き、上記の事件はいずれも犯人は捕まっていない。住民たちが怯える悪夢の時間はまだまだ終わらない。

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入