最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1618号
9月28日・10月5日号
9月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月3日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

殺された不動産王、総資産450億円「上級国民」殺人事件に全英が注目

社会・政治 投稿日:2021.07.27 08:10FLASH編集部

殺された不動産王、総資産450億円「上級国民」殺人事件に全英が注目

事件が起きた豪邸

 

 7月26日、イギリスで「上級国民」殺人事件の初公判が開かれ、全英の注目を集めている。

 

 事件は今年4月、ロンドンの東に位置するジリンガム近郊で起きた。リチャード・サットン(84)氏は、複数回にわたり胸部をナイフで刺されて死亡した。

 

 通報から3時間後、現地警察は、サットン氏の義理の息子にあたるトーマス・シュライバー容疑者(34)を殺人容疑で逮捕する。

 

 

 シュライバー容疑者は、現場にいた実の母に対しても凶行におよび、重傷を負わせている。初公判では、容疑を否認したという。

 

 この事件が注目をあつめる背景には、サットン氏が名うての「上級国民」だったことにある。

 

 英紙『サンデー・タイムズ』が2020年に発表した「富豪ランキング」で、サットン氏の総資産はおよそ450億円、全英で435位にランクインする大金持ちだとされた。

 

 1981年、サットン氏は父から「サットン卿」の称号を受け継ぐと、5つ星の高級ホテル『アテナエウム』や『シェラトン グランド ロンドン パークレーン』など、多くのホテル経営に携わってきた。

 

 一族は、イギリス国内に東京ドーム560個分もの土地を所有しており、その広さはイギリス国防省が保有する面積の2倍にのぼるという。まさに「不動産王」だ。

 

 事件は、推定価格3億円の大豪邸で起きた。カネ目当てなのか、憎悪なのか、犯行の理由は明らかにされていないが、次回公判は11月29日に予定されている。

 

写真・PA Images/時事通信フォト

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入