最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

田中眞紀子応援の声も…文科省が量産「トホホ大学」の実態社会・政治 投稿日:2012.11.14 07:00

 秋田公立美術大学、札幌保健医療大学、岡崎女子大学の3大学の設置認可をめぐる騒動は、9日、田中眞紀子文科省が「心からお詫び申し上げます」と謝罪して、ひとまず落着した。しかし、大学の設置基準は、およそ10年前の小泉内閣の規制緩和で大幅に緩くなっており、今ではほとんどザル状態で認可されるようになっているという。

「文科省の後輩たちと話すと『眞紀子よ、よくぞ言ってくれた』という声が圧倒的なんです。大臣としての資質はともかく『大学の数が多すぎて教育の質が落ちている』という指摘は正しい。そのことは文部官僚自身がいちばんわかっているんです」(元文部官僚で京都造形芸術大学教授の寺脇研氏)

 18歳人口が減りつづけるいっぽうで、日本の4年制大学の数は’92年の523校から現在の783校にまで増えつづけてきた。そして今春の入試では、私大の46%が定員割れとなった。その結果、全国に大学の名に値しないようなトホホ大学が急増中だ。日本国内の4年生大学すべてを訪問した大学ジャーナリストの山内太地氏がその実態を明かす。

「中部地方のある大学では、学内で金銭トラブルが起きているとして、『カツアゲ禁止』という”校則”があります。学食の前に喫煙所があるんですが、そこにヤンキーたちがたむろしているんです。まるで不良高校ですが、まじめな学生はカツアゲを恐れ、どんどん中退していきます」

 学生たちの学力レベルも信じられないほど低下しており、ある理工系の大学では高校を定年退職した先生を雇って、職員室で高校の数学や理科を教えているという。大学生なのに高一のレベルに達していないのだ。

 こういう大学はもはや珍しくないという。質の低下は学生だけではなく、関西の大学では、人気の看板教授が愛人を准教授にしたケースもあった。そして多くの大学が、定員割れで経営の危機にさらされている。

「やむなく、中国をはじめとする海外留学生を大量に受け入れているんです。3年前に開校した日本経済大学の渋谷キャンパスは、9割が中国人留学生だと話題になりました」

 同大学に確認してみると、「開校当初は日本人が約50名に対し、海外留学生が約800名、そのうち中国人が約650名でした。その後、尖閣問題もあって留学生は減り、来年4月の入学者は日本人が約100名、留学生が約300名、うち中国人留学生が220230名となる予定です。中国人が9割というのはオーバーで、6割程度です」とのことだった。

(週刊FLASH 2012年11月27日号)

【関連記事】

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入