最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1646号
5月31日号
5月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月20日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

呪われた踏切…3兄弟が同じ場所で電車にはねられ死亡する

社会・政治 投稿日:2021.08.07 20:00FLASH編集部

呪われた踏切…3兄弟が同じ場所で電車にはねられ死亡する

事件現場(Googleマップより)

 

 アメリカ・ノースカロライナ州に暮らす3兄弟に悲劇が起きた。たった1週間のうちに、3人ともが「同じ場所」で電車にはねられ、死亡したのだ。

 

 8月3日の早朝、地元警察に1本の通報が入った。警官が現場に駆けつけると、電車にはねられたパブロ・ティキラム・ウス(29)と、弟のホセ・ティキラム・ウス(20)の遺体が発見された。

 

 

 その後の調査で、事故当時、2人は酒に酔った状態で踏切のなかにいたことが明らかとなる。そのまま接近してきた電車に轢かれたようだ。

 

 2人は、なぜ踏切で酒を飲んでいたのか。実は、事故が起きる1週間前の7月26日、2人の兄弟であるバルタザール・ティキラム・ウス(27)もまた、この踏切で死亡していた。

 

 当時、電車が近づいているにもかかわらず、踏切に侵入したバルタザールの車に気がついた車掌が、必死に警笛を鳴らしている。遮断機や警報機も正常に作動していたが、酒酔い運転していたバルタザールは、電車の接近に気づかなかった。

 

 警察は、今回死亡した2人について会見で、「愛する兄弟の死から1週間たち、事故現場で追悼していたようです。列車にはねられる直前まで、ろうそくの火が灯っていたことが確認されています」とコメントしている。

 

 会見の最後、担当者は次のような言葉を残した。

 

「改めて、みなさんに伝えたい。お酒に酔っているときは、ライドシェアを使ったり、別の方に送迎を頼むことだ。それが難しいならば、酔いが完全にさめるまで、その場にとどまるべきだ」

 

 踏切の呪いを解く第一歩は、アルコールに対する心構えなのかもしれない。

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入