最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1646号
5月31日号
5月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月20日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

写真が伝えるアフガンの惨状…市場で男性が公開鞭打ちの刑、故・中村哲医師の「ペシャワール会」も休業に

社会・政治 投稿日:2021.08.24 06:00FLASH編集部

写真が伝えるアフガンの惨状…市場で男性が公開鞭打ちの刑、故・中村哲医師の「ペシャワール会」も休業に

市内は武装したタリバン兵士がパトロールをおこなっている(写真・アフロ)

 

「今年の春から、政府軍支配地域が次々とタリバンに制圧されました。しかし、バイデン米大統領は米兵の撤退を急ぎました。多くの識者が、米軍なしでは『タリバン政権が生まれる』と指摘していたにもかかわらずです」

 

 そう話すのは、アフガニスタンの取材を続けるジャーナリストの西谷文和氏だ。

 

 

 アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンは、8月15日に首都カブールを制圧し、政権を奪取した。2001年、9・11テロ事件を発端とするアフガニスタン戦争で崩壊して以来、20年ぶりの復権となる。

 

「現地通訳を介して聞くと、カブール市内は、混乱の極致にあります。タリバンから逃れてきた人々の難民キャンプが市内に点在し、亡命をするために米軍輸送機にしがみつき、落下して亡くなる方がいる一方、恭順を示すためにタリバンの旗を掲げる一般市民も増えています」(同前)

 

 アフガニスタンといえば、日本人医師の故・中村哲氏が結成した「ペシャワール会」がある。2019年に中村氏が銃撃され亡くなった後も、支援活動を続けていたが、15日からは現地での活動休止を余儀なくされているという。同会の古川正敏事務局長が、現在の様子をこう話す。

 

「現地の政治情勢については、会としてはコメントしません。中村医師が存命のころから、政治については関わらないというスタンスです。現地の灌漑用水事業や医療事業は攻撃されておらず、安全を確認でき次第、再開する予定です」

 

 軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は、タリバンはペシャワール会を潰さないとみる。

 

「中村さんが銃撃された際、タリバンの指導部は関与を否定しました。むしろ自分たちを助けてくれる活動を、タリバンもありがたいと思っているはずです。とはいえ、現在は権力の空白期間。何が起きるかわかりません」

 

 これまで過激なイスラム原理主義に基づき、女性の権利を著しく抑制するなどしてきたタリバン。今回の政権は違うものになるのか。

 

「海外向けにおこなった記者会見で、報道官は『人権を尊重する』などと語っていましたが、現地では公開リンチをおこなうなど、本質は変わっていません」(前出・西谷氏)

 

 犠牲を強いられるのは、非力な市民だ。

 

(週刊FLASH 2021年9月7日号)

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入