最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

日本初のCA、狭き門を通過した3人がわずか1カ月で全員退職/8月25日の話

社会・政治 投稿日:2021.08.25 13:40FLASH編集部

日本初のCA、狭き門を通過した3人がわずか1カ月で全員退職/8月25日の話

日本初のエアガール(左の2人と翼の上)

 

 1931年8月25日、日本最初の国営民間専用飛行場として、羽田飛行場(現・東京国際空港)がオープンした。記念すべき初フライトは、日本航空の中国・大連行の定期便で、乗客は6000匹の松虫と鈴虫だった。中国に住む人たちに、日本の風情を感じてもらおうと取り寄せたという。

 

 1931年は、日本の航空史が大きく動いた年だった。
 歴史学者の濱田浩一郎さんが、こう語る。

 

 

「日本初の旅客機事故が起きたのも1931年です。民間の定期航空が1922年に開始され、旅客機が徐々に広まっていた時代。航路は順調に増えていきましたが、6月、日本航空輸送の旅客機が福岡の山中に墜落し、3人が死亡したのです」

 

 旅客機が普及するなかで、航空会社は乗務員の募集に動き出した。同年はじめ、東京航空輸送による日本初の「エアガール」の募集広告が新聞に載った。世界初の客室乗務員がアメリカで飛行して、わずか10カ月後のことだ。

 

「エア・ガールを求む。東京、下田間の定期航空旅客水上機に搭乗し、風景の説明や珈琲のサービスをするもの、容姿端麗なる方を求む。希望の方は2月5日午後2時、芝桜田本郷町飛行館4階へ」

 

 1次試験がおこなわれた翌日、新聞には「予選した10名の候補中 本山、和田両嬢はまず確実」などと、まるで選挙のような見出しが踊った。世間からの注目度はかなり高かったようだ。

 

「同年3月に発表された、日本初のエアガール採用試験の結果は、141人中、合格者はたった3人でした。いずれも高等女学校を卒業予定の女学生ばかりだったようです。

 

 3月29日におこなわれた初フライトには、乗客第1号として、当時逓信大臣だった小泉又次郎(小泉純一郎元首相の祖父)と娘、秘書官たちが搭乗しました。翌日、新聞に掲載され、エアガールは大きな話題になりました。しかし、月給が16円ほどと安く、せっかく採用された3人は4月末で全員退職してしまいました」(濱田氏)

 

 本格的なエア・ガールの採用が始まったのは、1936年頃からとされている。

 

写真・朝日新聞


続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入