最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1619号
10月12日号
9月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月28日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

友人から100円借りた13歳の少年、返済に追われ石で殺害

社会・政治 投稿日:2021.09.07 06:00FLASH編集部

友人から100円借りた13歳の少年、返済に追われ石で殺害

インドの風景(写真はイメージです)

 

 金銭の貸し借りは、時に大きなトラブルとなる。インドでは、「100円」をめぐって、13歳の少年が11歳の友人を殺害してしまった。

 

 9月1日、インドのウッタル・プラデーシュ州の森で遺体が発見された。警察は、被害者の知り合いだった少年を殺人容疑で逮捕した。

 

 

 ある日、家族からおつかいを頼まれた少年は、60ルピー(約100円)を手渡された。しかし、少年は途中でお金を賭け事に使ってしまう。

 

 両親から預かったお金を失い、恐くなった少年は、その場にいた友人から同額を借り、何事もなかったかのようにおつかいを済ませた。この友人が、今回発見された被害者だ。

 

 100円の借りっぱなしが続くなかで、友人は少年に会うたびに「おカネ返して!」と要求するようになった。

 

 そして事件は起きた。事件当日、少年は話し合いをするために友人を呼び出した。少年は調べに対し「あいつを森に呼び出したんだ。そしたらまた怒りだして、石で襲おうとしてきたからケンカになって……」と供述している。

 

 抵抗するため、少年も近くに転がっていた石を持ち、友人にふりかざした。友人はその場に倒れこみ、頭から激しく出血した。このとき被害者はまだ息をしていたが、怖くなった少年は友人を茂みに隠し、衣類についた血を水で洗い流した。友人はそのまま息絶えたとみられる。

 

 放置された遺体は、発見されたとき、野生動物によって11の肉片に噛みちぎられていたという。

 

 世界銀行は、1人あたり1日1.9ドル(約200円)という生活費を基準に「国際貧困ライン」を設定している。今回、事件が起きたインドは、2017年の時点で、およそ1億5000万人が国際貧困ラインを下回っている。近年は新型コロナウイルスの影響で、貧困に拍車がかかっている状況だ。

 

 少年にとって100円はあまりにも大きな金額だったのだろう。

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入