最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1618号
9月28日・10月5日号
9月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月3日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

社会・政治 投稿日:2021.09.15 06:00FLASH編集部

ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

モニカ・ルインスキー(写真:AP/アフロ)

 

 いま、アメリカでひとりの女性に注目が集まっている。テレビシリーズ『アメリカン・クライム・ストーリー』のプロデューサー、モニカ・ルインスキー(48)だ。

 

 この名前に聞き覚えがある人も多いだろう。ルインスキーは、1995年11月から1997年3月まで、現職のクリントン大統領とホワイトハウス内で不倫したことで、政権に大打撃を与えたのだ。いわゆる「モニカ・ルインスキー事件」のヒロインである。

 

 

 当時、ルインスキーはホワイトハウス実習生として大統領の身近にいた。1998年に不倫が発覚すると、大統領は即座に否定したが、その後、衣服に付着した精液がDNA鑑定にかけられ、事実だと断定された。

 

 結局、大統領は「不適切な関係」を認め、一時は弾劾訴追されたが、無罪評決により事件自体は幕を閉じた。しかし、2人の性行為の詳細が報道されたことで、大統領の評価は著しく下落。2000年の大統領選の敗北につながった。

 

『アメリカン・クライム・ストーリー』最新シリーズでは、この不倫事件が実写化され、9月7日(現地時間)から放送がスタート。番組ではルインスキー本人が登場し、当時のできごとを赤裸々に解説している。

 

 ホワイトハウスでの性行為という、あまりに品性に欠けたできごとだけに、23年が経った今でも、アメリカではルインスキーの知名度は抜群だ。フォロワー数113万人のルインスキーのツイッターには、今回の放送を受け、

 

《モニカが語る言葉には重みがあるよ。今夜が待ちきれない》
《テレビを観ました。パワフルで貴重なメッセージをありがとう》

 

 などと数多くのメッセージが寄せられている。

 

 実は、クリントン大統領が評判を下げる一方、その後のルインスキーは、事件をきっかけに華々しいキャリアを送った。セレブ事情に詳しい米メディア『Celebrity Net Worth』によると、現在のルインスキーの資産は1億6000万円にのぼるという。

 

 1999年、ルインスキーはABCニュース『20/20』でインタビューに応じている。これはアメリカのテレビ史上、マイケル・ジャクソンに次いで2番目に多く試聴されたインタビューと言われ、およそ7000万人を釘付けにした。このときのギャラは1億円を超えている。

 

 同年、『モニカの物語』という本を出版し、契約金5000万円を手に入れる。こうしたギャラを使い、すぐに自らのブランドを立ち上げ、ハンドバッグのデザインなどを開始。

 

 2000年には、ダイエット企業の広報として、6カ月で18キロ減に挑戦し、最終的に3000万円ほどの報奨金を得た。さらに2003年には、恋愛リアリティ番組「ミスターパーソナリティ」の制作に参画している。

 

 本の執筆、テレビ出演、番組制作、オリジナルブランドの設立……などなど多方面に活躍するが、2006年には移住先のロンドンの大学院で、理学修士も取得している。

 

 一時、メディアから姿を消していたが、2014年から再び露出を始め、ついに今回、プロデューサーとして、自らの体験を連続ドラマ化することに成功した。

 

 ルインスキーはスキャンダル後、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんだというが、まさに「ケガの功名」と言える華麗な人生を歩んできたのだ。

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入