最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1620号
10月26日号
10月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月28日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

ダメ絶対、ステルシング!アメリカでついに違法となった “夜の行為” とは?

社会・政治 投稿日:2021.10.10 06:00FLASH編集部

ダメ絶対、ステルシング!アメリカでついに違法となった “夜の行為” とは?

 

 10月7日、米国カリフォルニア州で、“ステルシング” が違法となった。ステルシングとは、セックスの最中に相手の同意なしにコンドームを外してしまうことだ。

 

 ステルス戦闘機などに使われている「ステルス」という言葉には、「内密に」「こっそりと」という意味がある。

 

 ステルシングという言葉は近年になって使われるようになったが、この行為は、パートナーに望まない妊娠、病気の不安を与えるだけでなく、裏切られた、という思いを植えつけてしまう。

 

 

 プライベートな空間でおこなわれる行為にもかかわらず、議会が満場一致で可決した。アメリカではこれまでニューヨークやウィスコンシンで議題に上がったが、可決されることはなかった。

 

 先進的なカリフォルニアならではだが、今後はステルシングは民事訴訟の対象として、相手を訴えることができるようになる。法案を起草した議員は、今後、他州にも広げていきたいと語っている。

 

 アメリカ国立医学図書館に報告された2019年の調査によると、女性の12%がステルシングの被害にあい、10%の男性がこっそりコンドームを外した経験があるという。

 

 またオーストラリアの調査では、男女それぞれ1000名強のうち、女性の32%、男性の19%がステルシングを経験していた(2018年)。

 

 言葉は新しくても、行為による問題は早くから存在していた。海外ではすでにドイツやイギリス、シンガポールで違法となっている。

 

 その他の国でも、起訴されたり、有罪判決を受けたケースが出ている。10月8日にはオーストラリアのキャンベラでもステルシングを性的暴行とする法案が可決された。

 

 日本では馴染みのない言葉だが、同意なく避妊具を外すことは、道義上、許されない行為であることは覚えておきたい。(取材・文/白戸京子)

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入