最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1626
12月14日号
11月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

木下都議「仕事させてもらえなかった」発言の波紋…滲み出る“被害者意識”に「逆ギレ」と批判止まず

社会・政治 投稿日:2021.11.24 16:30FLASH編集部

木下都議「仕事させてもらえなかった」発言の波紋…滲み出る“被害者意識”に「逆ギレ」と批判止まず

写真:Pasya/アフロ

 

「私、木下富美子は本日、東京都議会議長に辞表を提出すること、決断をいたしました」

 

 11月22日、会見で辞職を発表した木下富美子都議。木下氏は、7月の選挙期間中に無免許運転を繰り返し、さらに人身事故を起こしていたことが判明している。その責任を取った形だ。

 

 

「無免許運転と人身事故が発覚したのは、7月5日です。それ以後、木下氏は4カ月間にわたり公の場に姿を現すことはなく、2回の辞職勧告決議まで出ました。3度目の召喚状を受け取り、11月9日に初登庁した際は、『続けてほしいとの声がある』として辞職を否定していました。今回、小池百合子都知事にも辞職を勧められ、ついに折れたのでしょう。しかしこの結末は、彼女にとって納得できるものではないのか、会見での言葉の端々に、“被害者意識” が出ていました」(政治部記者)

 

 11月9日には、公営企業委員会に出席する予定だった木下氏。しかし、他議員が猛反発したことで、委員会は流会となった。会見ではこれについて

 

「仕事がしたくて議員継続を望んでいるにもかかわらず、仕事をさせてもらえないという現実が、先日の委員会開会拒否で明らかになりました。

 

 もちろん、議員の仕事は議会出席だけではございません。個別の政策の提案を都の方々におこなうことで、都民の皆さまのお役に立てることもございます。しかし、議員として十分に仕事をさせてもらえない、理不尽な現実に悩みました」

 

 と、他の議員の対応を批判。さらに同席した木下氏の代理人弁護士も

 

「仕事をサボっているのはどちらも同じと思えてなりません」「木下の議会での様子を見ていると、学校や職場で見られるいじめの構造と同じに思えてなりません」などと、“援護射撃”を繰り返した。

 

「会見での質疑応答が長引くにつれ、手厳しい質問には苛立ちを隠せずにはいられなくなっていました。とくに11月の議員報酬を受け取る資格があると考えているのかと聞かれると、険しい表情で『そこまでのことは、まだ申し上げておりません』と“逆ギレ”していました」(同前)

 

 これには、ネット上でも多くの批判の声が寄せられている。

 

《保身に必死な印象の不快な会見》

 

《全ては自分の言動が招いたことなのに終始、他人のせいにしていた。議会によるイジメ発言もそもそも議会も有権者も木下が議員活動すること自体を認めていないのに何を言ってんだか》

 

《他の都議から言わせれば、交通違反して事故を隠して都民を欺いた人間を同じ都議として認められないと思うのは当たり前》

 

《何ヶ月も仕事をせずに税金から給料もらって批判されて逆ギレ》

 

 今後は「女性のため、子供たちのため、困った人のために力になりたい」と語った木下氏。まずは自分の犯した罪と向き合うことからではないだろうか。

 

(SmartFLASH)
続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入