最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1631号
2月1日号
1月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月24日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

愛知中学生刺殺事件 おとなしい子だったのに…犯行前に起きていた「LINEハブりトラブル」同級生の母が告白

社会・政治 投稿日:2021.12.02 06:00FLASH編集部

愛知中学生刺殺事件 おとなしい子だったのに…犯行前に起きていた「LINEハブりトラブル」同級生の母が告白

小学校時代の伊藤さん。Aとは同じ委員会にも所属していた

 

「たんにいじめを受けたから、仕返しをしたというような簡単なことじゃないと思います」

 

 そう話すのは、加害生徒を知るある住民だ。

 

 11月24日、愛知県弥富市の中学校で、3年生の伊藤柚輝さん(14)が、同級生の男子生徒A(14)に刺殺された事件。翌25日、柚輝さんの遺体はひっそりと自宅に戻ってきた。

 

 

 2人は保育園から一緒の間柄で、小学校では同じサッカー部に属していた。

 

「小学校は1学年20人。そのうち、18人が同じ中学校に進学しました。この地域は毎年そんな感じで、中学校の先生が事前に保護者から小学校での人間関係を聞き取り、クラス分けに反映させています」(前出・近隣住民)

 

 Aは身長が170cmを超え、学年でもひときわ体格に恵まれていたが、近隣住民は「おとなしい子だった」と口を揃える。

 

「小学生のころはおじいさんのスマホで、ずっと『パズドラ』をやっていました。外で友達と遊んでいるのは見たことがありません」(同前)

 

 誰もが顔見知りの小さな町に暮らす、おとなしい男の子。そんなAを犯行に駆り立てた動機はなんだったのか。

 

 同級生の母親が声を潜める。

 

LINEをめぐるトラブルがあったようです。男子生徒で作っていたグループLINEから、Aだけが退出させられたと聞きました。狭いコミュニティでのことだから、傷ついたんだと思います」

 

 生徒同士の喧嘩はまず見ないという平和な地域で、ひそかに生じていた不協和音。事件はそのときから始まっていたのだろうか――。

 

(週刊FLASH 2021年12月14日号)
続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入