最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1631号
2月1日号
1月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月24日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

オミクロン株、感染者確認で忘年会シーズンに“暗雲”…飲食店経営者からも不安の声

社会・政治 投稿日:2021.12.03 11:00FLASH編集部

オミクロン株、感染者確認で忘年会シーズンに“暗雲”…飲食店経営者からも不安の声

 

 新型コロナウイルスの新たな変異ウイルス「オミクロン株」について、小池百合子都知事は、国内2例目の濃厚接触者が、都内に46人いると明らかにした。また、このうち36人が、宿泊療養施設に入ることが決まったことも述べた。

 

 国立感染症研究所はオミクロン株について、デルタ株などと比べ変異に「最も多様性がある」と指摘。

 

 

 時事通信が同研究所の資料などをもとにまとめたところによると、人の細胞に侵入しやすくなり、感染力が高まったおそれがあることがオミクロン株の特徴。また、ワクチンが効きにくいおそれもあるという。

 

 同変異株による感染拡大で、外国人の新規入国が一時停止されたことなどを受け、大阪で12月9日に開幕予定だったフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは中止に。

 

「10月に緊急事態宣言が明けて以降、世間は“自粛ムード”から解放され、街に活気も戻ってきていました。

 

 しかし、オミクロン株について報道されて以降、《またいつ飲めなくなるんだろう》といった不安の声があとを絶ちません」(全国紙記者)

 

 忘年会シーズンにさしかかっている今日この頃。都内の繁華街で焼き肉店を営む男性も、この“暗雲”に顔をしかめる。

 

「この数日、忘年会の予約の電話は毎日かかってきます。多くの人たちが、昨年は忘年会を開くことができなかった。『今年こそは……』という思いが予約の電話からにじみ出ていました。うちも昨年から、都の要請を遵守しておりますが、正直経営はカツカツです。

 

 あくまで“小人数”での来客をお願いしており、感染対策も怠ってはいませんが、また“自粛要請”を受けるのではないかと、ヒヤヒヤしています」

 

 街から再び人足が遠のく日々が、迫っているのだろうかーー。

 

(SmartFLASH)
続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入