最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1421号
5月9・16日号
4月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

4月28日増刊号
3月21日発売

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

天皇陛下「宮中晩餐」はフランス料理、では和食はいつ食べる?社会・政治 2017.03.20

tennou_ryouri_1

『宮中晩餐(2016年11月30日、写真:宮内庁)』

 

 天皇陛下の日常のお食事を作るのは、宮内庁大膳課の職員たち。もうひとつ重要な大膳課の出番が、宮中で催される晴れの日のお食事の用意だ。そのとき、約360平米の厨房は、息つく暇もない。

 

 宮中でおこなわれる食事会には、国賓を接遇する夕食会「宮中晩餐」、内外の賓客を招いて催される昼食会「宮中午餐」、お客を招いて軽食を供する行事「茶会」、天皇誕生日を祝う「宴会の儀」など、さまざまなものがある。

 

 2016年12月23日の天皇誕生日の宴会では、以下のような和食メニューが供された。

 

一 汁物
   白味噌 巻鯉 柚子
一 作身
   鮃 松笠烏賊 白髭大根 防風 紅蓼
     からすみ 打胡瓜 花山葵
一 取肴
   日の出蒲鉾 松風焼若鶏 鶴亀羹
一 焼物
   塩焼姿鯛 阿茶羅菊蕪 酢取生姜
一 温物
   茶碗蒸 鰻 銀杏 薄竹筍 菠薐草
一 加薬飯
   鯛曽保呂 椎茸 干瓢 筍 錦糸玉子 紅生姜
一 温酒

 

 結婚式はじめ宮中の祝いごとでは和食が並ぶが、海外の賓客を迎える「宮中晩餐」では、いつもフランス料理のフルコースが振る舞われている。

 

「和食に比べて、どの国の人も食べ慣れているのがフランス料理です。大正時代、『天皇の料理番』と呼ばれた秋山徳蔵氏により、宮中で本格的フランス料理が作られるようになりました。彼の、手を抜かないレシピや姿勢は、今も受け継がれています」(皇室担当記者)

 

 宮中で供されるフルコースには、2014年に来日したオバマ前大統領も満足したという。象徴天皇として、外国の元首をお迎えになる天皇陛下。お食事のメニューひとつにも、おもてなしの心がこもっているのだ。


(週刊FLASH 2017年2月28日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年GW号
2月20日発売

詳細・購入