最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1646号
5月31日号
5月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月20日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

岸田首相「マスク着用緩和は現実的でない」発言が波紋「海外では外していたのに」

社会・政治 投稿日:2022.05.13 06:00FLASH編集部

岸田首相「マスク着用緩和は現実的でない」発言が波紋「海外では外していたのに」

イギリスではマスクを外していた岸田首相(5月5日、写真:Photoshot/アフロ)

 

「今の段階で緩和することは現実的でないと考えている」
 岸田首相の発言が波紋を呼んでいる。5月12日の参院厚生労働委員会で、新型コロナウイルス対策のマスクについて述べたものだ。

 

 マスク着用については「緩和すべし」という意見が増えつつある。たとえば東京都医師会の尾崎治夫会長は、10日、「屋外で換気のいい場所では、感染力はあまりない」として、「屋外でのマスク着用を見直していいのではないか」と発言。

 

 

 この言葉を受け、11日には松野博一官房長官が「人との距離が十分とれれば、屋外での着用は必ずしも必要ではない」との見解を示した。

 

 また、千葉県の熊谷俊人知事は、12日の定例会見で「より積極的な形で、政府が(着用緩和を)整理・発信する必要がある」と述べている。

 

 こうした動きのなかで、「緩和は現実的ではない」という岸田首相の言葉に違和感を覚えた人は多いようだ。実は、岸田首相も「屋外で人との距離が十分とれれば、マスクの着用は必ずしも必要ではない」と述べてはいるのだが、なぜか「緩和は現実的ではない」という結論になったことで、SNSには怒りの声があふれた。

 

《なぜ海外で現実に出来ていることが日本では現実的でないのか!?》

 

《高齢者の三回目も既に8割を超えた今の段階においてもマスク着用緩和が現実的でないならば一体どうなったら緩和できるんですかね》

 

「岸田首相は4月29日から5月6日にかけて東南アジアと欧州6カ国を歴訪しています。現地ではノーマスクで各国首脳と会談しており、帰国した途端、マスクを着用した態度に、SNSでは強い疑問の声が出ているのです。

 

《海外でノーマスクで談笑しとったやないかい》というツッコミが多数ですが、《子どものことを考えてほしい。友達の顔や表情がわからない。これは心の成長に問題ないのか? 熱中症のこともあるし、屋外の活動や体育・部活動はマスクなしを指示してほしい》と、子供への悪影響や熱中症を心配する声も多いのです」(政治ジャーナリスト)

 

 マスクを外したくても周りの目が気になって外せないと、モヤモヤしている人は多いはず。こんなときこそ、聞く力を発揮し、リーダーシップを発揮してほしいのだが――。

 

( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入