最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1651号
7月5日号
6月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月24日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

岡田晴恵氏が緊急警鐘「ロシア侵攻後、ウクライナが“医療空白地帯”になっている」…コロナ新変異株発生の恐れも

社会・政治 投稿日:2022.05.19 06:00FLASH編集部

岡田晴恵氏が緊急警鐘「ロシア侵攻後、ウクライナが“医療空白地帯”になっている」…コロナ新変異株発生の恐れも

取材に答えてくれた岡田晴恵氏

 

ウクライナでは1日平均512人の新規感染者が報告されている。ピークだった2月10日の1%になる。》

 

 2月24日のロシアによる侵攻開始から約80日。ウクライナ保健省の発表をもとにした統計データは、同国の新型コロナウイルス感染者数が激減していることを示している(ロイターCOVID-19 Global tracker5月13日)。だが、これは正確な数字ではない。

 

 

「ロシア軍の攻撃によって“生きるか死ぬか”という状況のウクライナでは、ウイルスの継続的な調査は望めません。その結果感染者数や、どういう株が拡がっているのかなどの流行状況が把握できなくなっているのです」

 

 そう語るのは、白鴎大学教授で感染症専門家の岡田晴恵氏だ。

 

「戦争は絶対にあってはならないことですが、パンデミック下で、世界が一丸となってウイルスと闘わなければならない今、戦争が起きていることはさらなる悲劇です。私は専門家として、ウクライナの医療や保健衛生が脆弱になってしまっていることを心配しています」(同前)

 

 現在のウクライナの状況について、開戦前から現地で医療サポートをおこなっている非政府組織「国境なき医師団」の担当者が説明する。

 

「世界保健機関(WHO)がモニターしている数字では、5月13日現在、338件の医療施設への攻撃があり、154人が死亡、127人が負傷しています。現地では、新型コロナについては重点的な活動対象とはなっていません。コロナの感染対策より、ほかの医療ニーズが優先されているのが現状です。検査・治療体制、ワクチン接種率などは、報道でわかる以上の情報はございません」

 

 岡田氏が心配するのは、新たな変異株がウクライナで発生し、世界に拡大することだ。

 

「変異株の流行を防ぐには、検査をおこない流行を抑えて、感染拡大を封じ込めることが不可欠です。しかし現在のウクライナでは、解析や調査がなされず、変異株が発生しても発見することができません。戦地から変異株が世界に拡がっていく可能性も懸念されます。速やかに停戦し、パンデミックを終わらせる対策に注力してほしいと思います」

 

 そして、ウクライナの激戦地の状況をこう分析する。

 

「換気の悪いシェルターに密集して避難したら、クラスターが発生します。現地では、検査も薬もワクチンにも困っているでしょう。もちろん、次の変異株は世界のどの地域からも出る可能性はありますが、ウクライナでは悪い状況が揃ってしまっています。さらに上下水道が破綻し、安全な水も食料もなく、衛生状態も悪化した限界状態のなかでは、新型コロナ以外にも、さまざまな感染症も流行する恐れがあります。現地の人々への医療支援が必要です」

 

 現在、日本国内で流行しているのはオミクロン株「BA.2」だ。しかし、南アフリカ共和国では、「BA.2」よりもさらに感染力が強い「BA.4」「BA.5」という変異株に置き換わっている。

 

 変異株は、ワクチンの接種率が低く、医療や保健衛生が脆弱な地域で発生しやすく、それが世界に拡大して大流行することが繰り返されている。

 

 なお、ウクライナのワクチン1回め接種率は、2月24日時点で約35%。2回めについては1.7%にとどまる(ジョンズ・ホプキンス大学による)。

 

「ウイルスは、その増殖の過程で一定頻度でエラーが起き、変異株が出てきます。その多くは消えていきますが、エラーによって強い感染力を持つようになった変異株が生き残り、次の流行株になります。新型コロナの流行を抑えない限り、変異株の発生は止められません。そして、変異株の発生を止めない限り、パンデミックは終わらないのです」(同前)

 

 ウイルスは「変異を繰り返すと弱毒化する」といわれることがある。だが、岡田氏はこの説を一蹴する。

 

「新型コロナウイルスが確認されて、たった2年半です。次の変異株に病原性が低くなり、犠牲者が減ることを期待するのは楽観しすぎです。次の変異株は、現在のオミクロン株よりも感染力が強くなりますが、病原性が高くなるか低くなるかは不明です。ワクチン接種の効果がどれくらいかもわかりません。オミクロン株の重症化率は低いとはいえ、第6波での死亡者数は、第1〜第5波に比べてもっとも多くなっているのです」

 

 プーチンの横暴によって引き起こされた戦争。その影響は、未知の変異株という形で、全世界に及ぶ可能性がある。

 

「平和は幸せです。幸せには平和が必要です。世界の新型コロナウイルスの流行をコントロールするためにも、一刻も早く停戦し、平和を取り戻してほしいと心から願っています」(同前)

 

おかだはるえ
医学博士 専門は感染免疫学、ワクチン学。近著に『秘闘 私の「コロナ戦争」全記録』(新潮社)。『モーニングショー』(テレビ朝日系)、『Nスタ』(TBS系)などに出演

 

( 週刊FLASH 2022年5月31日号 )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入