最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

ASKA 更生施設内ではサインにも応じて…同房者語る50日間社会・政治 投稿日:2014.08.28 16:00

ASKA 更生施設内ではサインにも応じて…同房者語る50日間

保釈されたASKA

 

「治療プログラムの合間に、ASKAさんに『しんどいっすね』と声をかけたんですよ。そしたら、『いや、そうでもないよ』って気さくに返してくれました」

 

 その更生施設で、ASKA被告(56=本名・宮崎重明)と約50日間をともに過ごしたT氏はこう語った。覚せい剤所持で逮捕され、今週8月28日に初公判を迎えるASKA被告。7月3日に東京湾岸署を保釈された翌日、千葉県内の更生施設に入所した。 東京ドーム4つぶんという広大な敷地をもつこの施設には、全国であまり例のない薬物依存・中毒専門科がある。前出のT氏が内部の様子を語ってくれた。

 

「外部とは完全に隔離された閉鎖空間で、自由に出入りはできません。ただ、一部報道にあったように、ASKAさんが鉄格子、監視カメラつきの外から鍵をかけられた個室にいるなんてことはなかった。入所当初は誰でも個室に入るんですが、それは“薬抜き”とかではなく、集団生活ができるかどうか見極めるためです。3日ほど様子を見て、施設が大丈夫だと判断したら、4人部屋など大部屋に移るんです。ASKAさんも普通に大部屋に入っていました」

 

 マスコミ対策として窓ガラスにスモークフィルムを貼ったりはしたそうだが、こと治療や施設内での生活に関しては、ASKA被告への特別扱いはほとんどなかった。

 

「40床ある病棟はたいてい満床で、個人の希望は通らないんです。薬物だけでなく、アルコールやギャンブルなどさまざまな依存症の人たちと相部屋になるんですが、ASKAさんもとくに不満を感じているようには見えませんでした。食事も質素な病院食みたいなものですが、残さず食べていましたよ。ただ量が足りないのか、購買部でお菓子やパンを買っていましたが(笑)」

 

 20年以上ドラッグにハマっていたとされるASKA被告。重度の禁断症状に苦しんでいるとも報じられてきた。

 

「ASKAさんの場合、警察署に1カ月以上勾留されていたから、禁断症状はありませんでした。それに、あの施設では、ヤバい依存症患者は隔離された救急精神科に入所するんです。そういう場合は、点滴を受けたり、採血されたりするんですが、薬物依存・中毒専門科の入所者はおだやかなものですよ」

 

 施設の中のASKA被告には、変わった様子は見られなかったという。

 

「ASKAさんは、入所患者のなかでは目立たない存在でした。芸能人的なオーラはありましたけどね。驚いたのは、気軽にサインに応じていたこと。お願いしている人がけっこういたんですよ。運動時間にはキャッチボールをしていました。運動は強制ではないんですが、いつも参加していましたし、施設内でも、ウオーキングをしていました」

 

 ASKA被告とともに逮捕されたT被告(37)の初公判がおこなわれた3日後の7月25日、フジテレビがASKA被告の“第二の愛人”の存在を報じた。検察がリークしたとされるが、ASKA被告はそれらの報道をテレビで観ていたという。

 

「談話室では『とくダネ!』や『ミヤネ屋』や『バンキシャ!』なんかが流れていて、ASKAさんはみんなと一緒に観ているんですよ。最初は、自分が取り上げられるとさすがに気にしている様子で、微妙な空気が流れました。そうそう、施設にはのりピーの夫だった高相祐一さんもいた。2人が話している様子はありませんでしたが」

 

(週刊FLASH 2014年9月9日号)

【関連記事】

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入