最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1652号
7月12日号
6月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月28日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

小池百合子都知事、5年ぶり街頭演説で “ドン引き” 発言…コロナ死亡者について「大阪より500人少ない」

社会・政治 投稿日:2022.06.19 15:25FLASH編集部

小池百合子都知事、5年ぶり街頭演説で “ドン引き” 発言…コロナ死亡者について「大阪より500人少ない」

 

 東京都の小池百合子知事が、6月18日、特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」の代表で、参院選・東京選挙区に出馬する荒木千陽氏の街頭応援に駆けつけた。

 

 演説には小池都知事や、国民民主党党首・玉木雄一郎議員も現れ、午後の新宿は盛り上がりを見せていた。

 

「小池都知事が国政選挙に関して演説をおこなうのは、2017年の衆院選以来、5年ぶりのこと。同衆院選では、『希望の党』を率いて政権交代を目指しましたが、議席数を伸ばせなかった。

 

 

 以降、国政選挙とは距離を置いてきましたから、今回、荒木氏の応援に駆けつけた姿に驚いた人は多いでしょう」(政治ジャーナリスト)

 

「新宿西口でこうやって街頭で演説をおこなうのも、久しぶりでございます!」と挨拶した小池氏。およそ10分間、コロナ対策などについて語ったのだが……。

 

「演説中、都がおこなってきたコロナ対策について、『大阪よりも500人死亡者が少ない』と、他県と比較するような発言がありました。変異株に先手を打って対応してきたという “自画自賛” でしたが、《死者数は比べるものではないはず》という批判がSNSで多く寄せられています」

 

 実際ネット上では、同様の声が確認できる。

 

《亡くなった人達を引き合いに出して選挙演説する政治家ってどうなんですかね》

 

《聞いてたけど、小池さんにも拍手してた人にもドン引きだった》

 

《コロナで亡くなった遺族や御本人からすると逆鱗に触れるようなことです》

 

「久しぶり」の演説で、思わぬ “火種” を生んでしまったようだ。

 

( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入