最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

シャープ、1年後に社内公用語を英語に…Twitterでは「英語でつぶやくの?」心配の声多数

社会・政治 投稿日:2022.06.24 21:55FLASH編集部

シャープ、1年後に社内公用語を英語に…Twitterでは「英語でつぶやくの?」心配の声多数

記者懇談会に臨む呉柏勲CEO(写真・時事通信)

 

 6月23日、シャープの株主総会が開かれ、社内公用語を英語にする方針が示された。グローバル人材の育成を加速し、海外事業を拡大することが目的だ。

 

 社内公用語を英語に――といえば、まず思い浮かぶのが楽天だろう。会長兼社長の三木谷浩史氏がそう宣言したのが2010年。2012年には、ユニクロやGUを傘下に持つファーストリテイリングが、2018年には資生堂がそれぞれ社内公用語を英語にしている。

 

 

 楽天やファーストリテイリングのときには《生産性落ちるでしょ?正気か?》といった、批判的な意見が多数みられたが、今回のシャープの場合、なぜかネガティブな意見は少なめだ。

 

 実際、SNSでも、

 

《一般的に、日本企業も海外拠点では英語を使わないと仕事になりませんし、シャープは海外での委託生産が多そうです。要は、稼ぐのに必要だとは思われます》

 

《これって海外販促とか海外生産には必要不可欠だし、投資家を呼び込んで資本を集める助けにもなる。真の意味で世界で戦うには必要なことなんだと思う》

 

 と、理解を示すコメントが多い。これはいったいなぜなのか。ITジャーナリストの三上洋氏が解説する。

 

「楽天が英語を社内公用語にすると発表したときは、確かに批判が多く、実際に社内でかなり苦労があったと聞いています。しかし、その後の業績を見れば、決して失敗ではなかったということでしょう。

 

 日本は市場が大きく、国内市場だけでやっていけた時代が長かったため、『英語など不要』という人も多かったんです。しかし、これからはそうもいきません。時代が大きく変わったということは言えるでしょう。

 

 また、シャープの場合は、2016年に台湾の鴻海の子会社となっており、英語が必要なのは当然のことです。多くの人がそれを理解しているのでは」

 

 じつは、この件に関していちばん多いツイートは、シャープの公式アカウント、通称「シャープさん」を心配する声だ。

 

《シャープ株式会社公式アカウントは日本語のままでいてほしいな。ファンなので》

 

《シャープの中の人も英語でツイートするんかな》

 

《来年度からはツィートも英語になるのでしょうか? でも、そんなに従順に従われる気もしないので…日本のどこかの方言になるのかな》

 

 などの書き込みが多数あるのだ。

 

 2011年のアカウント開設以来、ウイットの利いたツイートが話題を呼び、企業の公式アカウントとしては異例の82万超のフォロワーを擁する「シャープさん」だけに、愛されっぷりがハンパないのだ。

 

 その「シャープさん」。社内公用語のニュースが報じられるとすぐさま《Hello there, folks.(※編集部訳:みなさん、こんにちは)》と投稿。その後、

 

《社内公用語が英語になったからといって、ツイートが英語になるわけじゃありません。当たり前ですけど。
 なぜなら私は、日本で使用できる電圧の家電製品を、日本に住んでいる、おもに日本語を話す人に向かって、買えと迫る仕事をしているからです。》

 

 と、フォロワーを安心させたかと思うと、《KATTE KURE!!!!!!!!》と「シャープさん」らしさ全開のツイートを投稿。フォロワーもすかさず《Reizouko hoshii.》《No okane.》とリプライ。ほっこりしたやり取りが繰り広げられたのであった。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入