最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1536号
11月19日号
11月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

池上彰も驚いた「北朝鮮の首都・平壌」は巨大な映画セット社会・政治 投稿日:2017.04.26 06:00

池上彰も驚いた「北朝鮮の首都・平壌」は巨大な映画セット

©Google

 

 平壌の新しい高層住宅街「黎明通り」が竣工――。4月13日、北朝鮮が海外メディアに公開した映像は、首都・平壌の発展ぶりを世界に向けてアピールした。

 

 だが、「Google Earth」が写した衛星写真を見ると、表通りから見える部分だけが立派で奥行きのない、まるで大道具のような「舞台裏」が一目瞭然だ。これは「統一通り」という市内の別の場所を撮影したものだが、平壌ではこうした「作りもの」は珍しくない。

 

 平壌を訪問したことのある、ジャーナリストの池上彰氏が自らの体験を語る。

 

「平壌に住めるのは、核心階層というエリートだけ。食料の配給も十分あります。しかし高層ビルは、私たちが訪問したときだけエレベーターを動かしていました。その証拠に、住民たちは20階以上に住んでいる人たちですら、階段で昇り降りしていたのです。我々のために特別にエレベーターを動かしている、ということに気づかなかったんですね。

 

 平壌にはデパートもあり、商品が並んでいますが、実際には品不足で買い物はできません。でも『豊富な商品を扱っている』というシーンを作り出し、それを海外メディアに取材させています。

 

©Google

©Google

 

 いわば平壌は、巨大な映画セット。そこに暮らす住民は外国人に対して、つねに映画の『出演者』として振る舞わなければならないのです」

 

 さらに、4月15日におこなわれた金日成国家主席生誕105周年を祝賀する軍事パレードでは、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)が登場して軍事力を誇示した。だが、これも本物かどうか疑わしいと、軍事ジャーナリストの世良光弘氏が指摘する。

 

「ロシアのICBM『トーポリM』を模倣したようなミサイルでしたが、これがいかにも怪しい。本物なら、発射後に先端の円錐形の部分が外れて分離するため、胴体部分との継ぎ目に大きな溝があるはずです。

 

 しかし、そういったものは確認できませんでした。また移動式ミサイルなら、暴発に備えて発射台に消火設備が備えつけてありますが、それもありません。実戦には使えない『ハリボテ』だと思います」

 

 また、パレードで特殊部隊隊員が携行していた自動小銃にも、世良氏は疑問を呈する。

 

「従来はロシアのカラシニコフの改良型でしたが、今回の銃はその形状から、アメリカが開発中の『XM29 OICW』に似ています。しかしこのタイプの銃は、アメリカでさえまだ実用化されていません。北朝鮮が独自開発するのは無理。ゴム製でメッキだけ施した模型の可能性があります」

 

 ハリボテ国家の真実はどこにあるのか――?
(週刊FLASH 2017年5月9日、16日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入