最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

非難殺到の奈良県警「ワースト警察ランキング」1位だった!…「2001年の事件から問題だらけ」との指摘も

社会・政治 投稿日:2022.07.16 14:46FLASH編集部

非難殺到の奈良県警「ワースト警察ランキング」1位だった!…「2001年の事件から問題だらけ」との指摘も

謝罪する奈良県警の鬼塚友章本部長(写真・時事通信)

 

 安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件で、警護に落ち度があったのではないかと奈良県警に批判が集中している。

 

《マジもんの無能やんけ…。奈良県警、大失態とかレベルやないわ、コレ》

 

《奈良県警、戦後最悪の警備ミスをやらかしたことを責められ続けるんだろうな》

 など、SNSには奈良県警への非難が多数みられる。

 

 

 7月14日放送の『ゴゴスマ』(TBS系)には、元大阪府警で犯罪ジャーナリストの中島正純氏が出演。警備体制を分析したうえで、「奈良県警はまさか銃で襲撃するとは想定していなかった。油断していたと思う。あのような状況では、たとえ1万人の警護員がいても事件は起こったと思う。奈良県警は責任感が欠如していたと言わざるを得ない」とまで言い切った。

 

 そんな最中の7月15日、奈良県警が「紛失した」と発表していた実弾が実際にはなくなっていなかったことが明るみになった。

 

 2022年1月、奈良西署の拳銃庫で保管していた実弾5発を紛失したと発表。署員を取り調べるなどしたが、その後の内部調査で紛失自体が “勘違い” だったことが判明したという。

 奈良県警とはいったいどんな組織なのか。

 2013年の『月刊宝島』に「全国警察ワーストランキング」という記事がある。2012年の各県警の懲戒処分件数と警察官数を比率でランキング化したもので、停職や減給など12件の処分があった奈良県警は、47都道府県でワースト1位となっているのだ。

 この記事にも関わった警察ジャーナリストの寺澤有氏に話を聞いた。

 

「奈良県警と聞いて真っ先に思い出すのは、2001年に発覚した『奈良佐川急便事件』です。

 

 奈良県警の警視が奈良佐川急便から約2300万円の賄賂を受け取り、違反のもみ消しなどの便宜を図っていたものですが、捜査の段階でこの警視が焼身自殺してしまったため、うやむやになってしまいました。

 

 汚職には自殺した警視だけでなく、多くの警官が関わっていました。多数の架空口座が見つかり、そこから警官に現金が渡っていたり、なかには高級車をもらったりした署長もいました。

 

 何億円というお金が動いていたのは間違いなく、組織ぐるみの汚職事件だったのです。

 

 しかし、それだけの大事件にもかかわらず、警視の自殺によって、摘発されたのはほんの一部に終わりました。多くの汚職警官が残っていたため、その後も奈良県警がからんだ汚職事件はたびたび起きています。

 

 2009年には天川村の公共工事をめぐる汚職事件で警部と警部補が逮捕されるなど、もはや警察の体をなしていないと言われても仕方がないほど、汚職や不祥事が多いのが奈良県警という組織です。

 

 そのような組織に、今更、警護体制がどうであったとか言うこと自体が無意味ではないかと思います」

 警察庁は銃撃事件の警備体制を検証するチームを奈良県警に派遣しているが、それ以前に組織としての問題を徹底的に洗い出す必要があるのではないか――。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入