最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1663号
10月18日・25日号
10月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

関東の古参“ダフ屋”暴力団が解散へ 電子チケット普及で仕事なくなり、コロナ禍も影響

社会・政治 投稿日:2022.07.28 15:30FLASH編集部

関東の古参“ダフ屋”暴力団が解散へ 電子チケット普及で仕事なくなり、コロナ禍も影響

暴力団関係者の間に送付された、姉ヶ崎会の解散を伝える「御通知」

 

「またひとつ、古参の組織が消えてしまった。感慨深いよ」

 

 ため息交じりにそう語るのは、都内在住の暴力団関係者だ。

 

 7月下旬、暴力団関係者の間に、1通の「御通知」という書状が送られてきた。そこには、

 

「姉ヶ崎一家 関東会 姉ヶ崎一家 甲州家会 姉ヶ崎一家 五十嵐会 並びに 姉ヶ崎会を令和四年七月二十五日付を以て解散する事に決議致しました」

 

 

 と書かれてあり、「明治後期の結成以来百三十余年に亘り御指導御支援御厚誼を賜りました事厚く御礼申し上げます」とあった。

 

 暴力団に詳しいジャーナリストはこう話す。

 

「姉ヶ崎会とは、浅草に本部を置く古参の的屋組織です。六代目山口組や住吉会などの指定暴力団ではなく、そのような大組織の傘下にもなっていない、独立団体です。

 

 とくに、関東を中心とした“ダフ屋”をほぼ一手に引き受けていた組織として有名でした。ダフ屋とは、コンサート会場の周辺でチケットを持っていない客に、あらかじめ購入していたチケットを高値で転売したり、余ったチケットを購入して転売したりするなどの行為です。

 

 かつては来日した海外アーティストも含め、大規模なコンサートやライブ会場には必ずといっていいほどダフ屋がいました。彼らはアーティストの情報に詳しく、どこでいつコンサートが開かれるか、いくらぐらいで、どれぐらいの数のチケットが捌けるかを見極めていたんです。どのアーティストの人気に翳りが見えているか、彼らはいち早く知っていました」

 

 そんなダフ屋も最近では見かけることがなくなっていた。前出の暴力団関係者が話す。

 

「チケットはネットで購入することが当たり前になり、本人確認も徹底しているから、ダフ屋が入り込む隙がなくなった。それに近年はコロナ禍で、コンサートそのものが開かれなくなっていた。ダフ屋としての仕事がなくなっていたようだ」

 

 関係者の間では、こうした“経済的要因”が姉ヶ崎会の解散につながったとみられているが、組員らはその後、どうするのか。

 

「本部がある浅草で、的屋として生きていく組織や、他団体に移籍する組員、また引退する組員もいるそうだ」(同前)

 

 もっとも、警視庁は姉ヶ崎会の解散をまだ正式には認めていないという。警察関係者はこう話す。

 

「姉ヶ崎会の解散届は提出済みのようだが、偽装解散の恐れもあるので、まだ正式には解散を認めていないそうです。しかも、東京都の暴力団排除条例では、暴力団を離脱したとしても5年間はその者を『暴力団員等』とみなすことになっています。解散に合わせて引退する組員は、今後も銀行口座が作れなかったり、家の賃貸契約ができなかったりなど、不自由な生活を送ることになります」

 

 暴力団という組織自体、過去の遺物となりつつあるのだろうか。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入