最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1663号
10月18日・25日号
10月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

「性器を触ってくれたら薬をあげる」“ぴえん系”女性を喰いものにしてきた精神科医が公判で見せた“無反省”

社会・政治 投稿日:2022.08.07 06:00FLASH編集部

「性器を触ってくれたら薬をあげる」“ぴえん系”女性を喰いものにしてきた精神科医が公判で見せた“無反省”

Aさんにもらったネックレスをつけた伊沢容疑者(写真・東京クリニック公式サイトより)

 

「どうして覚えてないなんて言えるのか……私に対してしたことの罪を償ってほしい」

 

 と憤るのは、20代女性のAさんだ。

 

 8月3日、新宿・歌舞伎町にある「東京クリニック」院長で、精神科医の伊沢純容疑者が、かつて交際していたAさんへの傷害罪で逮捕された事件の、第2回公判がおこなわれた。

 

 法廷に現れた伊沢容疑者は、病院のウェブサイトの写真とは、まるで別人。髪はボサボサに伸び、白髪まじりだ。

 

 

 被害女性が証拠として提出した、殴られたアザの写真やLINEのやり取りを出されると、伊沢は落ち着きがない様子で急に立ち上がり、「私にもその写真見せてくれませんか」と発言。

 

 裁判官に注意されるも、伊沢は止まらない。Aさんが検事の質問に答えていると「ウソの発言をしたらいけないんじゃないですか」と言い放った。

 

 だが、伊沢容疑者のおこなってきた壮絶な“傷害”の内容は、2022年4月19日に本誌が報じている。

 

「殴る蹴るは当たり前。罵声を浴びせながら傘で私のことを突いたり、“お仕置き” と称して輪ゴムで自作したクリップで腕を挟まれたりして……つらかったです」(Aさん)

 

 当時から伊沢容疑者は、警察の調べに対して「女性の妄想だ」と容疑を否認していた。だが、被害を受けたAさんの体には、おびただしい数の傷痕が残っている。

 

「もともと患者だった私が伊沢と交際を始めたのは、昨年(2021年)の4月1日です。診療時間外に診察してくれた際、食事に誘われたのがきっかけでした。

 

 10月に同棲を始めると伊沢の態度が豹変し、DVを受けるようになったんです。統合失調症の治療に用いられる『エビリファイ』など複数の薬を大量に飲むよう指示され、半ば洗脳された状態でした」

 

 2022年2月下旬、Aさんはある “仕打ち” で目が覚めたという。

 

「路上なのに、下着姿で伊沢の車の近くに落ちているゴミを拾うように命じられたんです。

 

 私が言われるがまま脱いだら、人目を気にして本人はその場から逃げました。私はパニックになり、その場で叫びながらリストカットしてしまいました。

 

 病院に搬送され、腕を縫い合わせてもらったのですが、翌日口論になった際、激高した伊沢に縫ったばかりの傷を引き裂かれたんです。

 

 神経も切れてしまい、左手首から先の感覚がありません。これでやっと目が覚め、警察に被害届を提出しました」

 

 じつはこの伊沢容疑者、一部の “薬好き” の間では名の知れた人物だった。

 

「依存性の高い向精神薬『リタリン』を過剰に処方したことで2007年に東京都の立ち入り検査を受けています。

 

 結局、診察なしに処方したとして、罰金刑となりました。向精神薬への知見は非常に高かったのですが……」(医療関係者)

 

 元患者の男性もこう話す。

 

「メモ帳にほしい薬を書いて持っていくと、欲しい分だけの薬を処方してくれました。診察時間は1分未満。病院というより薬局ですよ」

 

 だが、Aさんへの仕打ちからもわかるとおり、伊沢容疑者の “異常性” は過剰処方どころではない。薬を餌に “ぴえん系” と呼ばれる精神的に不安定な女性を食い物にしてきたといわれている。別の女性患者が語る。

 

「3回ほど通院したころ『薬をたくさん処方してあげるから触ってくれ』と診察室で突然、性器を見せられました。

 

 危険を感じてすぐに帰りましたが、別の日には『触ってくれれば痩せる薬をあげるよ』とも言われ、さすがに気持ち悪いので病院を変えました」

 

 さらに保険証を悪用されたという女性患者・Bさんもいる。

 

「2020年11月、不眠を改善したくて訪ねました。『きれいな小麦肌だね』と言われ、太ももを触られました。そして初診では7種類の薬を毎日19錠飲むように指示されました。

 

 しかも初診の翌日、伊沢は私の保険証の住所を見て自宅に来ると『中に入れてほしい』と言ってきました。

 

 断わったら、ポストに毎日大量の薬を入れられるようになったんです。結局、1週間で500錠渡されました。

 

 メンヘラだった私は、5日間で300錠服用してしまいました。今でも薬の後遺症に苦しめられており、被害届を提出するつもりです」

 

 伊沢容疑者の行為について、医師法に詳しい上田正和弁護士はこう断罪する。

 

「傷害罪と薬物所持で刑事処分を受けると、過去の例に照らすと業務停止2年から3年の処分が予想されます。よほど重い事件を起こさない限り、医師免許は剥奪されにくいんです。

 

 伊沢容疑者のように、患者さんの『治療したい』という気持ちを逆手に取った行為は言語道断。国としても、処分を受けたことのある医師の情報をもっと積極的に開示するべきですし、医師の再教育が大切です」

 

 前出のAさんは、伊沢容疑者本人が “壊れていた” と話す。

 

「つねに大量の薬を飲んでいました。謎の粉末を『お前が持っておけ』と渡されたこともあります。

 

 自宅はガムテープで目張りがされ『俺は監視されている』と日常的に話すなど不審な様子でした」

 

 公判でもいっさい反省する様子をみせない伊沢容疑者に、Aさんは憤りを隠せない。

 

「『やってない、覚えていない』と言っているけど、なんで覚えていないのか分かりません。縫うほどのケガもさせられたし、携帯電話を3台も壊されました。早く罪を認めて、謝罪してほしいと思います」

 

 医者という立場を利用して、患者を弄んだ罪は重い。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入