最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

自衛隊のセクハラひどすぎる…性被害をもみ消された女性元自衛官が告発「隊員に囲まれ頬にキス」「腰を振りながら喘ぎ声」

社会・政治 投稿日:2022.08.31 17:31FLASH編集部

自衛隊のセクハラひどすぎる…性被害をもみ消された女性元自衛官が告発「隊員に囲まれ頬にキス」「腰を振りながら喘ぎ声」

自衛官時代の五ノ井里奈さん

 

 22歳の元自衛官・五ノ井里奈さんが告発した、自衛隊内での性被害。実名・顔出しでおこなった覚悟の告発だったが、結果は「不起訴」。現在は、異議申し立てをして結果を待っているところだ。

 

 また、第三者委員会による公正な調査を求めて署名活動を開始したところ、10万5000人以上の賛同者が集まった。8月31日、五ノ井さんは防衛省に署名を提出。

 

 

「たくさんの思いがこもった署名になっています。厳正な調査と謝罪を求めます。ハラスメントのアンケートも世間の方々からとっており、150件近くの声が集まりました。

 

 その声を無駄にせず、しっかりと、全身全霊でいまの私の問題に取り組んでいただきたいと思っています。まずは私が目的とする第三者委員会を立ち上げていただきたい」

 

 こう語った五ノ井さんに、あらためて自衛隊内にはびこるセクハラの実態を聞いた。

 

 五ノ井さんが自衛隊に入隊したのは、2020年4月のことだ。東北出身の五ノ井さんは、小学校時代に東日本大震災を経験し、避難所へ支援に訪れた女性隊員に憧れを持った。

 

 幼稚園の頃から続けてきた柔道を極めるべく、「自衛隊体育学校」に行きたいという夢もあったことから、自衛隊の門を叩いたという。

 

 約半年間の研修を終え、福島県の郡山駐屯地に配属。だが、事前に女性の先輩から「あそこの中隊はセクハラとパワハラが多いから気をつけて」と不穏な噂を聞いた。いざ配属されると、忠告どおりの日々が待ち受けていたという。

 

「セクハラ発言とかすごいんだろうな、と覚悟していたんですが、甘かったです。廊下を歩いていたらいきなり抱きつかれたり、『おっぱい大きいね』って言われたりするのは日常でした。

 

 あとは、男性隊員が『柔道しよう』って言いながら技をかけてきて、バックのような体制のまま腰を振ってきたこともありました。周りはただ見ているか、笑っているか。それが当たり前の空気だったんです」

 

 配属された中隊の男女比は、男性隊員58人、女性隊員5人。当時、女性隊員のうち1人は育休中だったため、実質4人。しかも、そのうち1人は、隊内でのセクハラに耐えかね、他の部隊に異動していった。

 

「同じ部屋だった先輩とは、日常的にセクハラについて話し合っていました。でも、なかなか解決策が出てこないんです。自衛隊は、厳しい上下関係とチームワークで成り立っている職場ですから……。

 

 自分がベテラン隊員だったら言えたのかもしれませんが、入って数カ月では、なかなか『嫌だ』『こんなのおかしい』とは言いづらい。結局いつも、『うまくやっていくしかないね』という話になってしまいました」

 

 そんななか、2021年6月、山での訓練終わりに事件が起きる。この夜、夕食作りを担当していた五ノ井さんは、テント内で料理を作っていた。

 

 しかし、酔っ払った男性隊員5〜6人の輪に入れられ、頬にキスをされたり、下着越しに陰部を触らせられたりといった性被害を受ける。女性の先輩にLINEで助けを求めたが、この先輩も以前からセクハラを受けていたことから、恐怖で助けには行けなかったという。

 

 この日の事件は、誰かが上に報告したことで、中隊内で問題となったが……。

 

「すぐに『誰が中隊長にチクったんだ』と犯人探しが始まりました。隊内の雰囲気も重くなり、私は密告した犯人として疑われ、すごく居づらくなってしまいました。

 

 それで、わざわざ先輩に『中隊長に言ったのは私じゃありません』って連絡までしたんです。でも、被害者の私がなぜここまで気を遣わないといけないんだろうって思っていました」

 

 その後、五ノ井さんはセクハラのひどかった砲班(大砲を扱う班)から別の砲班に移って活動することに。しかし、わずか1カ月後の8月、五ノ井さんが限界を迎える出来事が起きた。

 

「地方で約1カ月泊まり込みの訓練があって、また男性隊員たちの部屋で食事を作らないといけなくなりました。

 

 セクハラのひどい班も一緒の部屋で、行きたくなかったけど、仕事だからそうもいきません。案の定『料理はいいから接待しろ』と、男性隊員たちの輪のなかに入れられたんです。

 

 その場で格闘の話をしていた一曹が、三曹に『五ノ井に首をキメて倒してみろ』と言い出しました。

 

 そのまま三曹が私をベッドに押し倒すように技をかけて、腰を振りながら股間を押し当ててきて、腰を振りながら『あんあん』って喘いできたんです。

 

 他の三曹も同じことをしてきて、もう1人の三曹が、私の両手首を押さえつけながら同じように腰を振ってきて。どうにか振りほどこうとしましたが、やっぱり男性の力にはかないませんでした……。

 

 ひたすら終わるのを待ちました。他の隊員たちは、笑っているか、こっちを見ているだけでした」

 

 終わった後、三曹からは「五ノ井って案外力が強いね」と言われた。抵抗していることはわかっていたようだ。

 

 その後、一曹によって話が蒸し返され、最初にやってきた三曹が同じ行為をしてきたという。最後は「これ誰にも言わないでね」と、身勝手な口止めをされた。

 

「地方での訓練でしたから、すぐに抜け出せる環境でもなく、その後も2日間は訓練に参加しました。私の告発記事を読んだ方から『すぐ逃げればよかったじゃないか』と言われることもありますが、正直むずかしいです。

 

 それでも、どうしても精神的に無理になってしまって、女性の先輩と中隊長に帰りたいと伝えました。女性の先輩は味方してくれるかと思ったんですが、中隊長が『訓練だから』と言い出すと、即座に『そうだよ、訓練だから』と同調されて……。

 

『私がこれで死んだら、どう責任取ってくれるんですか』と泣きながら訴えて、やっと帰らせてくれました」

 


( SmartFLASH )

続きを見る
12

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入