最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月27日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

「五輪汚職」報道のKADOKAWA 夏野剛社長が五輪をめぐり語っていた「アホな国民感情」“上から目線”の大暴言

社会・政治 投稿日:2022.09.03 19:25FLASH編集部

「五輪汚職」報道のKADOKAWA 夏野剛社長が五輪をめぐり語っていた「アホな国民感情」“上から目線”の大暴言

写真・アフロ

 

 9月3日、「朝日新聞」は、東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、大会スポンサーだったKADOKAWAが、大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者に、知人のコンサルタント会社を通じ7000万円を振り込んでいたと報じた。

 

 東京地検特捜部は、高橋元理事への賄賂にあたる可能性があるとみて、捜査を進めているという。なお、KADOKAWAは朝日新聞の取材に対して、「スポンサー契約の詳細は開示していない」と回答している。

 

 

「思い返せば、KADOKAWA現社長である夏野剛氏の“あのとき”の態度も、そういうことかと、納得がいきますね」と語るのは、社会部記者だ。

 

 2019年7月21日に放送されたABEMA TVで当時、KADOKAWAの子会社であるドワンゴの代表取締役社長だった夏野氏は“問題発言”をおこない、その後、謝罪している。

 

 番組では、子供の運動会や発表会などが無観客なのに、五輪だけ観客を認めると、不公平感が出てしまうという話題になった。その際、夏野氏は

 

「そんなクソなね、ピアノの発表会なんかどうでもいいでしょ、オリンピックに比べれば。それを一緒にするアホな国民感情に今年、選挙があるから、乗らざるを得ないんですよ。

 

 Jリーグだってプロ野球だって入れているんだから。オリンピックを無観客にしなければいけないのは、やっぱりあおりがあるし、それからやっぱり選挙があるから。そこに対してあまり国民感情を刺激するのはよくないという判断。もうこのポリティカルな判断に尽きると思いますよ」

 

と、国民の素朴な不平の声に対し、“上から目線”の、まるで馬鹿にしたような発言を繰り広げたのだ。

 

「もしも7000万円も賄賂を渡していたとすれば、無観客になってしまっては、スポンサーとしては大変ですよね。これほど次々と贈収賄疑惑が発覚しては、東京五輪はいったい誰のための大会だったのかと、ますます国民から批判の声が出るのは間違いありません」(前出・社会部記者)

 

 夏野氏は日本テレビの取材に対し、不正について

 

「それは分からない。ヒアリングもして調査もしているが、当時の関係者は『(不正は)ない』と言っている。それは会社としての意見ではない」

 

 と語っている。尊大な態度を見せず、徹底的に捜査に協力してほしい。


( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入