最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1676号
2月14日号
1月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

憔悴の岸田首相 息子を秘書官にしたのは「誰も相談相手がいないから」説…平井&林議員は「長男の“聞く力”に期待だな」

社会・政治 投稿日:2022.10.06 16:08FLASH編集部

憔悴の岸田首相 息子を秘書官にしたのは「誰も相談相手がいないから」説…平井&林議員は「長男の“聞く力”に期待だな」

10月4日、首相官邸に入る岸田文雄首相と、岸田翔太郎首相秘書官(写真・時事通信)

 

「ついに“話せる相手”を手に入れたわけだ」

 

 9月下旬、都内の某レストランで、林芳正外務大臣と、平井卓也元デジタル大臣はそう語り合ったという。

 

 2人の話題は、10月4日付で首相秘書官に起用される岸田翔太郎氏について。岸田文雄首相の長男である。官邸関係者が語る。

 

 

「この人事は官邸内に波紋を呼んでいます。岸田総理はもともと、自身の後継として長男を考えており、翔太郎さんを公設秘書として使っていました。

 

 兼ねてから岸田首相は『自身の秘書ではなく、政府の役職である秘書官などのポストを経験させたい』と言っていたので、長男が秘書官に就くこと自体に驚きはないのですが、波紋を呼んでいるのはタイミングです。

 

 これだけ批判に晒されているなかで、あえて今の時期にこうした人事をおこなうことについて、かなり話題になっているのです」

 

 翔太郎氏は、現在31歳。慶應義塾大学法学部を卒業後、三井物産に入社。2020年に岸田事務所入りし、政治経験はない。前出の官邸関係者が続ける。

 

「岸田首相は、国葬での弔辞が“官僚的”だと批判を集めたこともあり、自らの政権の終わりを感じ取っています。つまり、総理大臣を辞めることも視野に入っている状態です。

 

 そのため、たとえ批判を受けようとも、後継者の育成のためということで秘書官交代を敢行しました。周囲は、このタイミングで長男を起用することを考え直すよう、再三説得を試みたのですが、首相は『もういいんだ。決めたから』というひと言だったといいます」

 

 翔太郎氏の人柄はよく、それほど批判の的になることはないという岸田首相の判断もあったという。しかし5日の臨時国会では、立憲民主党の西村智奈美代表代行から「公私混同との批判を招きかねない」と、さっそく批判される事態となっている。


「岸田首相の支持率は国葬が終わってからも底を打たず、下がり続ける一方です。本来であれば解散という伝家の宝刀を抜き、選挙に勝って正統性を確保するところですが、岸田首相には首相を続ける気力が残っておらず、解散のカードを切るに切れないのです」(前出・官邸関係者)

 

 そんな状況のなかの翔太郎氏の秘書官就任。官邸周辺では、「首相の“精神安定”のためだろう」という見方が出ているという。

 

「翔太郎さんが秘書官に就任したのは、『官邸と事務所の意思疎通の強化を図るため』という報道が出ていますが、実際は、岸田首相が話し相手が欲しいからだというのです。それほどまでに最近の総理の憔悴ぶりは酷いものがあります」(同前)

 

 この関係者は、そんな岸田首相と翔太郎氏の関係を「まるで逆授業参観ですよ」と苦笑するが、林、平井両大臣も、某レストランでこんな会話を交わしていたという。

 

「菅前首相は一人で抱え込んで、自分で決めてしまう人だった」

 

「岸田首相はそういうタイプではないのに、いったい誰に相談しているんだろう。それがわからない」

 

「長男を秘書官にするのは、これまでは聞いてばかりで自分が話せなかったからだろう」

 

「長男の“聞く力”に期待だな」。2人はこう語り合ったという。それにしても、一国の首相が息子に尻を叩かれるとは……。

( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入