最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月24日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

党大会で“強制退席”の胡錦濤、中国SNSで動画が続々削除の怪…評論家は「軍部クーデター」の可能性を指摘

社会・政治 投稿日:2022.11.02 09:01FLASH編集部

党大会で“強制退席”の胡錦濤、中国SNSで動画が続々削除の怪…評論家は「軍部クーデター」の可能性を指摘

五輪開会式で手をふる胡錦濤の動画が動画投稿サイトから削除された

 

 まるで『映像の世紀』に出てくるワンシーンのようだ。

 

 事件は10月22日、第20回中国共産党大会の閉幕式で起きた。

 

 「習近平国家主席の隣に座っていた胡錦濤前国家主席が、関係者によって“強制退席”させられました。席を立つように促された胡錦濤は、机を掴んで抵抗を示したものの、脇を抱えられ、連れ出されたのです」(現地記者)

 

 いったい何があったのか。中国事情に詳しいジャーナリストの角脇久志氏が語る。

 

 

 「胡錦濤は中国共産主義青年団出身の開明派で、習近平の一派とは距離があります。同じ派閥に属する李克強首相らが新指導部から外れましたが、“イエスマン”以外を排除する狙いがあるのでしょう。実際、中国問題の専門家・江峰氏は、胡錦濤は机上にあった、新しい中央委員の名簿を見ようとして、退席させられたと分析しています。この名簿には、前日までに胡錦濤ら長老たちとの協議で決まったメンバーとは違う名前が載っており、胡錦濤らが推していたメンバーが排除されていたそうです。これが事実であれば“騙し討ちの政変”だといえます」

 

 “政変”は成功し、習近平は異例の3期めへと突入した。恐ろしいことに“目障り”な胡錦濤は、中国国内の表舞台から存在を消されつつある。

 

 「中国では今回の退場劇はなかったことにされ、ネットで検索しても出てきません。報道規制のためか、SNS上の胡錦濤に関係する投稿が、次々と消されている可能性もあります」(現地在住のジャーナリスト・もがき三太郎氏)

 

 さらに驚くべきことに、’08年の北京五輪の開会式の動画にすら“異変”が起きている。

 

 「IОCの公式動画には、開会式の冒頭で挨拶をする、当時総書記だった胡錦濤の姿が映っているのですが、中国の動画サイトにアップされているバージョンでは、不自然に当該シーンがカットされているんです。中国初の五輪開催は胡錦濤の大きな功績だったのですが…」(角脇氏)

 

 本誌が確認したところ、胡錦濤氏が挨拶するシーンは、スタジアムの内観を映したシーンに差し替わっていた。

 

 「今回の強権的な人事には、人民解放軍も不満を持っています。今後、突発的なクーデターが起こる可能性すらある」(評論家・宮崎正弘氏)

 

 次に“消される”のは誰になるか…。

( 週刊FLASH 2022年11月15日号 )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入