最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1676号
2月14日号
1月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

山本太郎「外国人にも地方参政権を」にひろゆきが噛みついた!「時給1000円の日本ではデメリット大きい」

社会・政治 投稿日:2022.11.07 20:38FLASH編集部

山本太郎「外国人にも地方参政権を」にひろゆきが噛みついた!「時給1000円の日本ではデメリット大きい」

 

 実業家ひろゆきこと西村博之氏が、れいわ新選組山本太郎代表の主張する「外国人参政権」にまつわる主張へ噛みついた。

 

 数日前から話題になっているのが、2021年9月にYouTube上へ投稿された、山本氏の「外国人にも地方参政権を認めるべき」という演説動画。山本氏は、動画のなかで「外国人参政権というのは、国政においてはなかなかハードルが高いだろうと思います。一方で外国人に対する地方参政権は、外国でもけっこう認められている。いろんな要件があると思いますけど。在日コリアンの人たち、これは認められるべきじゃないかと思います」などと持論を語っている。

 

 

 11月6日に自身のTwitterを更新したひろゆき氏は、山本議員の動画を引用したうえで、こう語った。

 

《多くの先進国では外国人移民の問題で揉めてたりします。北欧やカナダなど、人口密度が低く、時給1500円でも人手が集まらない地域ならいざ知らず、時給1000円で働く日本人が余ってるの日本ではデメリット大きいです。》

 

《日本人は日本人としての義務があります。長年暮らしていても外国人はその義務から逃げられます。また、外国の義務を履行するので、参政権を与えるべきではないと考えます。日本に住む人が帰化しやすくする。長期的には特別永住者の子孫は、帰国するか、日本に帰化するか選択すべきだと思ってます。》

 

 外国人参政権については、昔から定期的に議論が起こってきた。政治担当記者が解説する。

 

「現状、日本では、外国籍の人たちに参政権はなく、日本国籍の取得を促すような政策が取られています。日本国憲法15条では、参政権について『日本国民固有の権利』と記されており、1995年、2000年と、最高裁判決では地方選挙で外国人に参政権は保障されていないと結論づけています。いまのところ、国内では外国人の参政権付与について、慎重な意見が多いです」

 

 一方で、神奈川県川崎市など一部の自治体で、住民投票権が認められるなど、参政権が限定的に付与されているケースもある。介護業界など、深刻な人手不足に直面している仕事も多い。地方特有の、個別の状況を踏まえて、議論する必要がありそうだ。

( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入