最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1669号
12月13日号
11月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月29日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

“乱交界のマザームーン”と呼ばれ…6億5000万円売り上げた主催者の悪評「男女比は10:1」「梅毒が蔓延」

社会・政治 投稿日:2022.11.17 06:00FLASH編集部

“乱交界のマザームーン”と呼ばれ…6億5000万円売り上げた主催者の悪評「男女比は10:1」「梅毒が蔓延」

逮捕された小山麻代容疑者(写真大)。画像は彼女のSNSより

 

逮捕されて安心しました。“乱交パーティ界”でも、彼女らはかなり悪質でしたから」

 

 そう話すのは、都内の風俗店経営者だ。警視庁は8日、売春の場所を提供したとして売春防止法違反容疑で、小山麻代容疑者(42)、沢村雅也容疑者(32)ら5人を逮捕した。

 

 彼女らが乱交パーティを主催するようになったのは、今から10年前。彼女らとは別の主催者が明かす。

 

 

「小山容疑者は長野でクラブを経営していて、儲けたカネで一戸建てを建てるほどのやり手だったそうです。その後、上京した彼女は沢村容疑者と都内で出会い、乱交パーティを主催しはじめたんです」

 

 警視庁によると、小山容疑者らは10年間で、約6億5000万円を売り上げていたという。

 

「彼女らは都内を中心に2~3日に1回のペースでパーティを開いていました。参加者は毎回30~40人。参加費は男が3万~5万円で、ほかのパーティの倍程度と法外な値段でした。元AV女優がパーティに参加すると謳い、それを目玉に男性客を集めていました。その売り上げをすべて管理していたのが、小山容疑者だったのです」(同)

 

 その金満体質と剛腕ぶりで“乱交界のゴッドマザー”と言われていたが、最近は揶揄をこめて「マザームーン」と呼ばれることも。だが、前出の風俗店経営者が「悪質だ」というのは、高額な参加費だけではない。

 

「男女比は通常10対1ほど。ツインルームを3部屋借りただけのときもあり、まるで満員電車のような混雑具合でした。しかも男性は避妊具をつけないことが多く、梅毒が蔓延して、ほかのグループにも感染が拡大しました。さらに、ほかの乱交パーティで囲っている女性を引き抜こうとするなど、妨害行為も頻繁で、同業者からも恨みを買っていました」(同)

 

「乱交界のマザームーン」、輝きを失なった月は、闇夜に沈むのみ――。

( 週刊FLASH 2022年11月29日・12月6日合併号 )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入