最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1669号
12月13日号
11月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月29日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

松本総務相、就任直後の「国会ウトウト」姿に「この男もダメだこりゃ!」非難轟々 政治資金疑惑も出ていきなりの“黄信号”

社会・政治 投稿日:2022.11.22 20:40FLASH編集部

松本総務相、就任直後の「国会ウトウト」姿に「この男もダメだこりゃ!」非難轟々 政治資金疑惑も出ていきなりの“黄信号”

11月22日、松本総務相は参議院本会議でウトウトしていた 写真・長谷川 新

 

 11月21日、政治資金収支報告書をめぐる問題が表面化した寺田稔氏(64)の事実上の更迭にともない、後任として松本剛明(たけあき)氏(63)が総務大臣に就任した。

 

「東大法学部出身で、高祖父は初代総理大臣の伊藤博文。父は元防衛庁長官で、親族にも外交官が多く、民主党政権下で外務大臣を務めていました。自身の親族にも官僚が多い、岸田文雄首相が好みそうな人材です。

 

 

 民主党時代の菅直人第2次改造内閣で、前原誠司氏の辞任にともなって、副大臣から外務大臣に“昇格”しました。しかし、野田佳彦内閣発足により退任し、わずか約6カ月の在任でした」(政治担当記者)

 

 だが、就任翌日の11月22日から、さっそく厳しい目が向けられている。

 

 同日の「しんぶん赤旗」が、松本氏の政治資金収支報告書に記載されていた政治資金パーティについて、会場収容人数を大幅に超えるパーティ券を販売していたことがわかった、と報じた。

 

 同紙によれば、パーティに参加予定がない者の支払いは「寄付」にあたる可能性があるが、松本氏の政治資金団体の報告書には「寄付」として記載していないという。

 

 いきなり疑惑が噴出するなか、松本氏は22日に開かれた参議院本会議に“新大臣”としてお目見えした。

 

 鈴木俊一財務大臣(69)から補正予算の説明があり、それに対する質疑応答がおこなわれたこの日。だが、その本会議中に松本氏は、ウトウトと居眠りのように目を閉じていたのだ。

 

 この様子は、同日のワイドショーの『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作・日本テレビ系)でも放映され、インターネット上では非難の声が噴出している。

 

《松本剛明 新総務大臣 国会中にスヤスヤ居眠り 今日から本格的に仕事が始まってるのに…この男も、やっぱりダメだ、こりゃ!》

 

《今日の国会、松本総務大臣、気持ち良さそうに居眠りシテタヨ。おいおい、新大臣ダゼ!この緊張感のなさ。テレビカメラがしっかり捉えてました。まだなんにも仕事なんかしてないよなぁ~。》

 

《就任一日でこれ。今日の本会議でも居眠りしてたのではとか報じられてるし、なんなの?》

 

 この本会議中に、野党から質問を受けた岸田文雄首相(65)は、松本氏のさっそくの政治資金疑惑について、「まずは本人から適切に説明すべきものだと考えている」と述べている。

 

 首相はこれまで、山際大志郎前経済再生担当相(54)の事実上の更迭の際にも、一度は「国民の理解を得られるように説明してほしい」と指示。

 

 葉梨康弘前法務大臣(63)のときは「説明責任を果たしてもらいたい」と述べ、寺田前総務大臣のときは「説明責任は徹底的に果たさねばならない」と各閣僚に求めていた。

 

 もはや「説明要求」は、岸田首相が辞任を迫る“伝家の宝刀”と化しつつある。

 

 早くもその刀が抜かれたということは、松本氏が前回の閣僚在任期間「6カ月」を超えることにすら“黄信号”が点っているということかもしれない。

( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入