最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1669号
12月13日号
11月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月29日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

東京~臨海「地下鉄」推進の小池都知事に不満の声「臨海地域ばかり優先」「満員電車の緩和どうなった?」

社会・政治 投稿日:2022.11.24 19:27FLASH編集部

東京~臨海「地下鉄」推進の小池都知事に不満の声「臨海地域ばかり優先」「満員電車の緩和どうなった?」

 

 東京都が東京駅―有明間を結ぶ地下鉄新線の事業に着手、11月25日に、小池百合子都知事が計画を公表すると報じられている。

 

 これまで明らかになっている資料によれば、新線は東京駅を起点とし、銀座・築地・晴海・豊洲市場を通って、有明の新国際展示場までの6.5キロを10分でつなぐ。開業は2040年前半で、事業費は約5000億円だという。

 

 

「都心と臨海部を結ぶ地下鉄新線の構想が始まったのは、2013年の東京五輪決定後です。2016年に国交省の答申で取り上げられ、正式に検討が決まりました。

 

 臨海部には五輪選手村だった晴海フラッグがあり、今後もマンションなどの開発が進むとみられます。その交通需要への対応から、地下鉄新線の必要性が高まっているのです」(週刊誌記者)

 

 SNSでは、

 

《湾岸エリアどんどん便利になるなぁ》

 

《へー、東京駅からビッグサイトまで地下鉄が通るのか。コミケへのアクセス良くなるなあ》

 

 など、歓迎する声が多数ある。ただ、その一方ではこんな意見も。

 

《また臨海地域… 東京都には臨海地域以外無いのか? 都民は同じ税金を払っているのに、臨海地域ばかり優先。小池百合子もう無い》

 

《都は地下鉄新線を計画するよりも先に、小池百合子が掲げた公約である通勤電車の混雑緩和に乗り出せ。駅も車両も二階建てにするんじゃなかったのか?え?》

 

 2016年の都知事選で圧勝し、2020年に再選された小池都知事。しかし、就任時に掲げた「残業ゼロ」「満員電車ゼロ」「介護離職ゼロ」「都道電柱ゼロ」「多摩格差ゼロ」などの公約はほとんど実現されていない。

 

 小池都知事が2025年4月の施行を目指している新築物件への「太陽光パネル設置義務化」も評判はすこぶる悪い。11月18日の定例会見では、節電のため「タートルネック」着用を呼びかけたが、反発の声も多数あがっている。

 

 ネットには《知事って最後に目に見えるレガシーを作りたがるもの》という、冷ややかな声も。小池都知事の任期は2024年7月まで。残り1年半で「レガシー作り」がヒートアップしないことを願う。

( SmartFLASH )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入