最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1555号
4月14日号
3月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

「将棋界の横綱になる」藤井聡太四段の対局料は3万円から社会・政治 投稿日:2017.06.21 06:00

「将棋界の横綱になる」藤井聡太四段の対局料は3万円から

 

「中学生のうちにプロになれなかったら相撲部屋」
 母の裕子さんは、こんな言葉で、小学校高学年だった藤井聡太四段(14)を叱咤激励したという。小学校の卒業アルバムに収録された作文に、丁寧な筆致で、藤井四段が自ら綴っていたエピソードだ。

 

 この作文には棋士としての原点が詰まっている。関西奨励会に入り、プロ棋士の階段を昇り始めたのは小4の9月のことだった。

 

〈ぼくは奨励会の初段になった。四段になればプロ棋士だ。近いようにも聞こえるが、上に行くほど厳しくなる世界だ。一つの負けで一気に昇段が遠のいてしまうこともある〉

 

 アルバムには、「もしも5億円あったら」という質問がある。藤井四段はこう書いた。

 

〈積み上げて天井にとどくか実験する〉

 

 棋士の収入は、勝利を重ねるほど増える仕組みになっている。羽生善治三冠は、対局料と賞金を合わせた総額が年間1億円前後だという。藤井四段が、この“もしも”を現実にする日はいつになるのか。昨年引退した田丸昇九段が解説する。 

 

「藤井四段が26日に臨む竜王戦決勝トーナメント1回戦の対局料は46万円。2回戦52万円、3回戦77万円、挑戦者決定三番勝負まで進めば、450万円です。まだほとんどの棋戦が予選で、本戦はこれから。本戦は対局料も跳ね上がります。今の彼の一局の対局料は、3万~10万円ほどですが、一年たてば、1000万円以上は稼いでいるでしょう」

 

 藤井四段は作文で、棋士としての目標を、相撲にたとえてこう掲げている。

 

〈三十才までに将棋界の横綱になりたい〉

 

 積み上がるお金より、ひたすらに頂点を目指す。

 

(週刊FLASH 2017年7月4日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入