最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月24日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

自民党・茂木敏充幹事長の大ウソ…統一教会信者にパーティ券を売っていた!【領収書を独占入手】

社会・政治 投稿日:2023.01.24 06:00FLASH編集部

自民党・茂木敏充幹事長の大ウソ…統一教会信者にパーティ券を売っていた!【領収書を独占入手】

昨年9月、統一教会と関係のあった自民党国会議員の調査結果を報告する茂木氏(写真・共同通信)

 

 関係議員179人ーー昨年9月8日、自民党茂木敏充幹事長(67)は、党国会議員379人を調査した結果、統一教会となんらかの接点があった議員の数をこう発表した。

 

 さらに12月10日、統一教会問題の被害者救済に向けた新法案が成立。審議開始から5日というスピード成立の立役者も、茂木氏だった。

 

 

「与党は、10月から国会内に与野党連絡協議会を設置し、新法案を協議する予定でした。しかし、野党との調整がつかず紛糾。そこに割って入ったのが茂木氏です。11月9日に、野党4党の幹事長と会談。新法の早期成立を“お願い”する一方、自公と国民民主とで3党協議会をスタートさせました。『野党の意見を取り入れた』という体裁を作ったうえで、今回の新法案に漕ぎつけました」(自民党担当記者)

 

 一方で、茂木氏は自身の“潔白”のアピールには自信満々だった。冒頭の党内調査には「旧統一教会及び関連団体からの寄付やパーティー収入」という項目もあったが、該当議員のなかに、もちろん茂木氏の名前はない。

 

「『自分は統一教会とは一切無関係。選挙協力などもしてもらってない』と、記者に話しています。さらに、統一教会問題で辞任に追い込まれた山際大志郎氏について『あんなとこによく出入りできるよな』と腐していました」(同前)

 

 しかし今回、本誌はある領収証を入手した。その宛名欄に書かれていたのは、統一教会の現役信者A氏の名前。茂木氏が会長を務める自民党第2派閥「平成研究会」のパーティ券(昨年4月26日に開催)をA氏が茂木事務所から購入した際の領収証だという。

 

 古参信者で、統一教会の地域組織で世話役的な立場だというA氏。これまでA氏が恒常的にパーティ券を購入してきた経緯を、事情をよく知る統一教会関係者B氏が明かす。

 

「自民党の派閥パーティ券を古参信者がまとめ買いすることはよくあります。Aさんも十数年にわたり、パーティ券を茂木事務所から買っていました。毎回複数枚購入し、ほかの信者に1~2枚ずつ割り当てるんです。そのため、茂木事務所側からは宛名が空欄のままの領収証が渡されます」

 

 今回入手した領収証も、元は“白紙”で茂木事務所から渡され、その後、A氏が自分の名前を宛名欄に記入したものだ。本誌はこれ以外に、まだ宛名欄が空欄のままの領収証を複数枚確認した。さらに、A氏の素性についてB氏はこう語る。

 

「Aさんは在日韓国人の女性で、合同結婚式で外国人男性と結婚した『祝福家庭』です。結婚してからは、夫と貿易関係の会社を設立、経営しています。20代のころから、教団のために働く献身者になっています。おもな仕事は国政、地方を問わず自民党議員への選挙ボランティア。今でも固い自民党支持者です」

 

 A氏本人に取材を申し込むと、領収証は茂木事務所から“白紙”で渡されたものだと認めたうえで、こう答えた。

 

「パーティ券は十数年来、断続的に買っていますし、昨年4月のパーティにも出席しました。事務所の秘書さんは、私が統一教会の信者だと知っているはずです。茂木先生を支援したい気持ちが強く、これまで協力させてもらってました。ですが、こんなふうに茂木先生にご迷惑になるなら、もうやめようと思います」

 

 平成研関係者によれば、派閥内で、当選回数別にパーティ券の販売ノルマが課せられるという。茂木氏の場合、数百万円分を事務所が捌かねばならない。そのほとんどは秘書が手売りするというから、複数枚購入してくれるA氏の存在はありがたかったのだろう。

 

 統一教会信者にパーティ券を売っていた事実や“白紙”領収証について茂木事務所に問い合わせると、「宛先のない領収証を出すことはありません」とだけ回答があった。再度問い合わせたが、統一教会信者に販売したことについて答えることはなかった。

 

 政治資金問題に詳しい神戸学院大学の上脇博之教授は、今回の問題をこう断ずる。

 

「領収証というのは支出の証明のためのものですから、厳に管理し、宛名や日付は発行者が記入するのが当然。『あり得ない』とだけ答えるのではなく、事務所が領収証をどう管理していたのかを調査する責任があるはずです。また、茂木氏自身は党内の調査に『統一教会との関係はなし』としており、秘書に問い合わせるなり手立てはあったはず。茂木氏自身の確認不足です」

 

 統一教会問題に詳しいジャーナリストの高山数生氏が解説する。

 

「A氏の存在を茂木氏は知らなかったかもしれませんが、結局こうした実態がある。“潔白”を主張していた茂木氏ですが、統一教会が自民党に深く入り込んでいることを証明した結果となってしまいました」

 

 統一教会問題の幕引きを急ぐ岸田首相だが、埃はいまだ残っている。

( 週刊FLASH 2023年2月7日号 )

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入