最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1448号
12月5日号
11月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月10日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第4弾】10月13日より発売中!今回は手島優と山地まり。

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

内戦の確率35%「アメリカで第2次南北戦争が始まる」説社会・政治 2017.08.23

内戦の確率35%「アメリカで第2次南北戦争が始まる」説

 

「アメリカはいま、第2次南北戦争を戦っている。国は道徳的・思想的・政治的に分断されている――」

 

 2017年1月、保守系ラジオパーソナリテイで、コラムニストのデニス・プレガーが、雑誌『ナショナルレビュー』にこんなコラムを掲載し、現在のアメリカで起きている対立を予見した。

 

 8月12日、アメリカ・バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者とそれに反対するグループの衝突が起きた。白人至上主義に抗議するデモ隊に車が突っこみ、32歳の女性が犠牲になった。

 

 車で突っ込んで逮捕されたのはジェームズ・フィールズ(20)容疑者。KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバーが好む白のポロシャツを着て、白人至上主義側で参加していた。

 

 事件を受けて、トランプ大統領はツイッターを更新。「我々は憎しみを非難し、一つにならなければならない。アメリカではこんな暴力は許されない。今こそ団結しよう」と呼びかけた。

 

 続けて「たとえどんな肌の色、宗教、支持政党だろうと、間違いないのは我々みんながアメリカ・ファーストであることだ」と会見で表明。しかし、最初の段階で人種差別を批判しなかったため、トランプ大統領はバッシングされることとなった。

 

 今回の事件の発端は、シャーロッツビルの公園に置かれていた南北戦争・南軍の司令官リー将軍の銅像が撤去されることに対する抗議。整理すると、

 

【南軍の銅像撤去→白人至上主義者が抗議→反対派がデモ】

 

 という流れだった。まさに南北戦争の再来のような事態なのだ。

 

 米紙『ニューヨーカー』は8月14日、「アメリカは新たな南北戦争に突入するか」という記事で、元アメリカ軍特殊部隊キース・マイン氏の話を取り上げている。

 

 マイン氏は16年間、アフガニスタン、コロンビア、エルサルバドル、イラク、ソマリア、スーダンなどをまわり、帰国した。しかし、久しぶりのアメリカは、自分がかつて滞在した内戦中の国と似たような雰囲気だった。

 

 マイン氏は、ほかの専門家とともに、政府から第2次南北戦争の可能性について意見を求められ、「今後10年から15年で60%の確率で内戦になる」と返答した。

 

 ちなみに他の専門家のなかには95%と答えた人もおり、最終的に35%の可能性で新たな南北戦争が起こると結論づけられた。これはシャーロッツビルの事件が起こる5カ月前のことだ。

 

 今回の事件以降も、南部ケンタッキー州レキシントン、テネシー州メンフィス、フロリダ州ゲインズビルなど、アメリカ各地で南軍の将軍像や記念碑の撤去が相次いでいる。

 

 もちろん、こうした動きにこれに反対するデモも拡大の一途だ。トランプ大統領も、兵士像撤去の動きを「馬鹿げている」とツイートして抗議した。

 

 日本では北朝鮮の核ミサイルの話ばかり報じられるが、実はアメリカは、いま「内戦」勃発の危機にあるのだ。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年秋号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

プラチナフラッシュ Vol.1
9月28日発売

詳細・購入