最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1627号
12月21日号
12月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月7日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

週刊新潮の追撃に気色ばんだ豊田真由子「魔の2回生」の呪いは解けるか

社会・政治 投稿日:2017.09.19 11:00FLASH編集部

週刊新潮の追撃に気色ばんだ豊田真由子「魔の2回生」の呪いは解けるか

豊田真由子議員(右)と金子恵美議員

 

 会場の空気を一変させるきっかけを作ったのは、「週刊新潮」記者の「嘘つき」発言だった。

 

「このハゲーー」騒動から3カ月。9月18日、地元・埼玉県新座市で豊田真由子議員(42)が謝罪会見を行なった。

 

 トレードマークのピンクではなく、黒のスーツで現れた豊田議員は、涙ながらに何度も頭を下げ「申し訳ありませんでした」と謝罪。当時の状況を、「なんであんなことを言ってしまったのか。どうかしていた」と振り返り、「激務のなか睡眠不足で、薬を服用し、立て続けのクレーム処理にパニック状態だった」と釈明した。

 

 会見では暴言については認めたものの、暴行の有無に関しては「刑事事件の捜査中であり、この場で明かすことができない」と明言を避けた。何度も涙を流し、釈明しながら、なんとかうまく切り抜けようとしていた豊田議員。途中、明るく振る舞おうと笑顔になった瞬間もあった。

 

 スタッフからは何度も会見の終了を促されるも、丁寧に記者の質問を受けていた豊田議員だがーー。波乱が起きたのは1時間半に及ぶ会見のラスト10分。

 

 騒動のきっかけを報じた「週刊新潮」の女性記者が、最初の取材時に音声テープの内容を否定されたことに対して、「嘘をついていたのですか」と突っ込んだ。

 

 この質問に、豊田議員は顔をこわばらせて「私はよく覚えています、発言を否定したわけでありません。趣旨が違うという文書を送ったのに、週刊新潮には一部分を切り取られ、『否定した』と書かれてしまった」と強く反論。

 

「あなたは、先ほど私が嘘の発言をしたと言っていますよね。嘘つきと言われたままでは回答できない」と続け、先ほどまで涙ながらに謝罪していた人物とは思えないほど豹変してしまったのだ。まさに本性が垣間見えた瞬間で、最後の最後で、またしても週刊新潮に足元をすくわれた形となった。

 

 豊田議員は2012年に初当選し、2014年に再選。現在2回生だが、実は2期目に不祥事を起こす議員は数多く、「魔の2回生」と呼ばれている。
 

 豊田議員の同期である金子恵美議員は、2016年2月、夫の宮崎謙介元議員が不倫し、世間の注目を浴びてしまった。金子議員が妊娠中で、宮崎議員が男性の育児休暇について積極的に動いていたこともあり、「ゲス不倫」と呼ばれたことは記憶に新しい。

 

 ほかにも、不倫相手とハワイで結婚式をあげ、その写真が週刊誌に流出してしまった中川俊直議員。議員宿舎での未成年男性買春が報じられた武藤貴也議員。台風の被災地に調査に行くも、長靴を用意しなかったため職員におんぶされ、その後「長靴業界は儲かった」などと発言し、大炎上した務台俊介議員。「巫女のくせに何だと思った」「ガン患者は働かなければいい」などの暴言・失言で話題の大西英夫議員などなど、「魔の2回生」はここ1、2年の政治家スキャンダルの中心となってきた。

 

 会見では「議員であり続けたい。生き恥を晒してマイナスからもう一度やり直したい」と発言し、次の選挙への出馬も「許されるなら」と否定しなかった豊田議員。

 

 安倍首相は、今月28日に召集される臨時国会冒頭の解散に向け、準備を始めた。現段階では10月22日投票の公算が高いが、豊田議員を含め、魔の2回生たちは生き残ることができるのか。

続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入