最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

写写丸が見た「平昌五輪」大スポンサー「アリババ」の日本軽視

社会・政治 投稿日:2018.02.21 11:00FLASH編集部

写写丸が見た「平昌五輪」大スポンサー「アリババ」の日本軽視

 

 オリンピックパークの周辺は、いつも人混みにあふれている。パーク内には、オリンピック協賛企業がパビリオンを用意し、世界中から訪れるファンへのPR活動に余念がない。なかでも活況を呈しているのが、中国のIT企業「アリババ」のパビリオンだ。

 

 アリババは世界有数のネット通販事業会社だが、個人に販売するのではなく、企業間の商取引に専念している。ちょうど中国の旧正月「春節」が始まったこともあり、どう見てもスポーツファンに見えない中国人観光客が大挙してやってきている。

 

 世界的な巨大企業に成長している同社は、いったいどんな宣伝をしているのか、写写丸もパビリオンに入ってみた。

 

 中に入ると、アナウンサーになり代わって五輪の実況中継ができるコーナーに長蛇の列が。そのコーナーは遠慮して、5分ほどのPR映像が見られる映像ホールに場所を移した。

 

 PR映像は、超巨大スクリーンに迫力ある映像が流れ、「オリンピック委員会と当社はパートナーです」とアピールするオーソドックスなもの。3D映像などを期待していたこちらとしては拍子抜けだったが、まぁ、それなりの出来だな、などと考えていたところ……。

 

「世界に広がるアリババグループ」的な内容で、映像に世界地図が映し出された。すると、日本があるべき場所に本州がなく、北海道と九州らしき島しか映ってなかったのである。思わず、小松左京の『日本沈没』という小説を思い出してしまった。

 

写写丸が見た「平昌五輪」大スポンサー「アリババ」の日本軽視

 

 世界的大企業のアリババ様にとって、日本なぞビジネスにならないのでテキトーでいいと思われたのか、それとも大陸独特の「おおらかさ」がそうさせたのか? いやいや、アリババに出資しているソフトバンクはなんとも思わないのか……などなど、頭は混乱するばかり。

 

 その後、会場は映像に合わせ白鳩を飛ばすマジックショーで盛り上がっていたが、思わずドッと疲れた写写丸であった。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入