最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1495号
12月18日号
12月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第16弾】11月23日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

ルパンと呼ばれた逃走犯「平尾容疑者」が泳いだ200m社会・政治 2018.05.11

hiraoo_1ルパンと呼ばれた逃走犯「平尾容疑者」が泳いだ200m

 

<雨の中、着替えをポリ袋に入れて首や体に結びつけ、上下下着姿で泳いで渡った。1時間くらいかかった>

 

ハリソン・フォード主演の映画『逃亡者』よろしく、逃走劇を繰り広げた平尾龍磨容疑者(27)。

 

 水深約10メートル、幅約200メートルの尾道水道横断こそ、彼の逃避行のハイライトだったに違いない。はたして供述どおり、横断は可能なのだろうか。確かめるべく本誌記者は広島県尾道市・向島へ向かった。

 

「尾道水道は満潮・干潮により、1日に3、4回、潮の流れが穏やかな30分程度の『潮止まり』になる。そこを狙って泳げば、20分から30分で渡れる。ただ、よその人だと海を見ただけでは、潮止まりかそうでないかの差はわからんと思うが……」

 

 そう語るのは、島周辺の潮に詳しい向島町漁業協同組合の田頭信親組合長だ。向島から尾道水道を望むと、本州は目と鼻の先。4月24日、平尾容疑者が島を脱出したとされる夜にも干潮の潮止まりがあったという。早速船をチャーターし、対岸を目指した。

 

 出航はこの日の潮止まり、早朝6時。天候に恵まれ、水面も一見穏やかに見えたが……、いざエンジンを止めると、10人乗りの船がみるみる流されてしまった。たとえ潮止まりといえど、泳ぐのが容易とは到底思えなくなった。

 

「最も狭い部分で、幅は約200メートルほどだが、潮の流れが速く、水温も低い。ふだんの潮流は時速4.9キロメートルほど。船舶の航行も多く危険であるため、遊泳禁止になっている」(社会部記者)

 

 尾道水道の真上、海面すれすれからあらためて眺めると、本州は、200メートル先とは思えないほど遠く、船だと5分ほどの距離。試しに水に足をつけるとかなり冷たい。

 

 太陽の下でこの冷たさならば、夜、雨風と波に翻弄されるなか横断するのは至難の業だ。決死の覚悟で泳ぎきった平尾容疑者を衝き動かしたものは、刑務所に戻りたくない一心か、それとも自由への執念か。

 

「道路や港で、24時間態勢の検問を実施していたが、尾道水道は盲点になった。警察は泳ぐ可能性を警戒していなかったわけではないが、対策が甘かった」(前出・社会部記者)

 

<逃げるのがしんどかった>

 

 平尾容疑者は、尾道水道横断、複数の民家潜伏、窃盗……と波乱ずくめの23日間の逃走劇をこう振り返っている。

 

「単純逃走容疑だけでなく、逃走中に窃盗罪を重ねており、余罪も出てくるだろう。以前の刑に加算して7年以上の懲役刑が科せられる可能性がある」(検察関係者)

 

 逮捕されて、逃げ回る生活をしなくてよくなった平尾容疑者が「ゆっくり眠れている」というのは皮肉なものだが、長期間、島の人々を不安に陥れた罪は重い。小中学校時代、「ルパン」とあだ名された少年は、また塀の中に逆戻りする。

 

(週刊FLASH 2018年5月22日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年秋号
10月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月26日発売
表紙:与田祐希

詳細・購入