最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1530号
10月1日号
9月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第25弾】8月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

元大関「琴光喜」給料未払い・パワハラのブラック経営を告発社会・政治 2018.09.02

元大関「琴光喜」給料未払い・パワハラのブラック経営を告発

 

「支払うものは支払っていますよ」
 8月1日、元大関・琴光喜の田宮啓司氏(42)は、本誌の直撃に怪訝そうな表情でこう答えた。

 

【関連記事:勝てば最高183万円!稀勢の里「苦悶の土俵」に舞った懸賞金】

 

「たしかに最後の給料は、やっと支払われました。ただ……」

 

 事の顚末を語りはじめるのは、田宮氏が経営する株式会社「MITSUKI」の社員として、名古屋市内の焼き肉店に勤務していたAさん。

 

「4月分の給料を受け取った後、『激務で給料も安いので辞めたい』と伝えたら、社長からは『給料を上げるから残ってほしい』と。渋々5月も働いたのですが、もらえた額はほとんど横ばい。これはダメだと思い、再び社長に退職の意志を伝えて、6月いっぱいまで働きました」

 

 給料支払い日は、毎月10日となっていた。そこで、Aさんが7月11日に、6月分の給料について店に連絡すると、田宮氏はAさんに逆ギレした。

 

「(辞めたことに)損害賠償請求するから、給料なんかあるわけないじゃん!」

 

 しかし、民法627条1項には、「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する」と定められている。

 

 Aさんと同時期に辞め、給料が未払いになっていたBさんも過酷な勤務実態を証言する。

 

「Aさんや私に退職届の提出に関する説明は一度もありませんでした。ほかの従業員にもなかったと思います。就業規則がないに等しい状況のため、朝10時から深夜0時まで働くのが当たり前で、1カ月休みが取れないこともあった。残業代や休日出勤手当なんてありません」

 

 2017年1月まで、約2年間勤務したCさんは、田宮氏によるパワハラ被害を口にした。

 

「店がほぼ満席というなかで、社長がお世話になっている人を連れてきた日がありました。その日は、不慣れな新人バイトと僕の2人だけで接客していたので、社長に『会計の電卓だけでも打ってもらえませんか?』とお願いしたんです。

 

 すると、店内の混雑が一段落したところで、社長が『お前何様や。外に出ろ!』と激昂。胸ぐらを摑まれて表に引っ張り出されたんです。MサイズのTシャツが6Lサイズくらいに伸びて、そのときは恐怖を感じましたね」

 

 Aさんも、田宮氏のきつい態度をたびたび目撃したと話す。

 

「店の売り上げが悪くなると不機嫌になり、従業員に対して『売り上げを盗んでいるのはお前か』と、あらぬ疑いをかけてくるんです。泥棒扱いされて給料を引かれる人もいました。

 

 あと旧知の横綱・白鵬や放送作家の鈴木おさむさんが来店したときは、『金を持っているから、会計を上乗せしとけよ』と従業員に指示を出していました」

 

 7月中旬、Aさんは給料が未払いであることを労基署に相談した。MITSUKIには、労基署から8月3日までに支払いをおこなう勧告がなされ、7月31日に会社はようやく支払いの意思を見せた。

 

「8月2日に6月分の給料は支払われました。しかし、これまでも支払ってもらえずに泣き寝入りした社員がいます。今回も労基署に相談しなければ、未払い分は押し切られてしまったと思いますよ」

 

 押しの強さは相撲だけではなかった。
(週刊FLASH 2018年8月21・28日合併号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月19日発売
表紙:山下美月

詳細・購入