最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

知っておきたい「踏み間違い事故」86%は65歳以上だった社会・政治 投稿日:2019.04.26 06:00

知っておきたい「踏み間違い事故」86%は65歳以上だった

 

「人をいっぱいひいてしまった」。息子にそう電話していた。   

 

 4月19日の午後、豊島区東池袋で、信号無視をした乗用車が歩行者を次々とはね、近くに住む主婦・松永真菜さん(31)と長女・莉子ちゃん(3)が亡くなった。

 

 

 車を運転していたのは旧通産省の元エリート官僚、飯塚幸三・元工業技術院長(87)だった。東大を卒業し通産省に入省、1991年に退省後は、クボタで副社長まで務めた。

 

 1年ほど前から足を悪くし、杖をついていた。駐車に手間取る様子がよく目撃されていたという。


 
 飯塚元院長の車(冒頭の写真右)は、次々と事故を起こし、ごみ収集車(写真左)に衝突。車に故障の形跡はないという。交通ジャーナリストの今井亮一氏が語る。

 

「この事故の原因が、車の故障でないとすると、考えるべき点があります。警察庁による2015年の統計では、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる死亡事故は全国で58件。50件(86%)が65歳以上、うち34件(59%)が75歳以上の高齢者によるものです。

 

 踏み間違いは起きるもの。そう認識して、いろいろ開発されている踏み間違いを防ぐ装置を、高齢者の車に装備するのに補助金をつける。さらには一定の年齢を越えたら基本的に一律、免許を失効するといった施策が必要です」

 


(週刊FLASH 2019年5月7・14・21日合併号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入