最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1520号
7月9日号
6月25日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第22弾】5月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

失言続きの桜田議員、自民党の「失言マニュアル」も効果なし社会・政治 2019.05.30

 

 5月29日、自民党の桜田義孝前五輪担当相は、千葉市で開かれた会合で「結婚しなくていいという女の人が増えている。お子さん、お孫さんには子供を最低3人ぐらい産むようにお願いしてもらいたい」と発言し、問題となった。

 

 発言後は「子供を安心して産み、育てやすい環境をつくることが重要との思いで発信した。誰かを傷つける意図はなかった」と釈明するコメントを出した。

 

 しかし時すでに遅く、ツイッター上では「失言マニュアル配った矢先にこれかよ」「いつから失言担当大臣ってポストつくったんだ」と大炎上している。

 

 

 桜田議員の失言っぷりは有名だが、自民党では、他にも失言する議員が後を絶たない。4月には塚田一郎元国土交通副大臣が、道路事業で安倍首相らの意向を「忖度した」とぽろり。

 

 5月には谷川弥一議員が、道路整備における佐賀県知事の対応について「韓国や北朝鮮を相手にしている気分」と言い放つなど、定期的に世間を騒がせている。

 

 実は、こうした議員への対策として、自民党では『失言防止マニュアル』が配布されたばかり。マニュアルは「『失言』や『誤解』を防ぐには」というタイトルから始まり、こんな内容が書かれている。

 

●発言は「切り取られる」ことを意識する

 

●報道内容を決めるのは目の前の記者ではない

 

●タイトルに使われやすい「強めのワード」に注意

 

・歴史認識や政治信条に関する個人的見解→謝罪もできず長期化の傾向

 

・ジェンダー(性差)、LGBTについての個人的見解

 

・事故や災害に関し配慮に欠ける発言

 

・病気や老いに関する発言

 

・気心知れた身内と話すようなウケも狙える雑談口調の表現

 

●リスクを軽減する3つの対策

 

・句点(。)を意識して、短い文章を重ねる話法

 

・支持者や身内と使っている「危ない表現」を確認

 

・「弱者」や「被害者」に触れる際は一層の配慮を

 

 党内から「レベルが低い」と嘆かれているというが、これと似たような失言対策の動きは、2008年にもあった。自民党の伊吹文明氏が、伊吹派の総会で、当時の麻生首相らの相次ぐ失言を受けて、失言しないコツとして「6つのT」を披露しているのだ。

 

●「正しい」と思い込んで不要な発言をする

 

●「立場」をわきまえず、言ってはいけないことを言う

 

●人を見下すような「態度」を取る

 

●話す「タイミング」を間違える

 

●「旅先」で気がゆるむ

 

●笑いを取ろうと「例え話」をする

 

 だが、10年経った今も、似たようなマニュアルを作る有様だ。今回の『失言防止マニュアル』も、どれほど効果があることやら。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年初夏号
5月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入