最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1584号
12月15日号
12月1日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

麻生&森元首相…高齢政治家36人に「免許、返した?」総直撃

社会・政治 投稿日:2019.06.30 06:00FLASH編集部

麻生&森元首相…高齢政治家36人に「免許、返した?」総直撃

回答拒否の森元首相

 

【高齢政治家36人「免許証、返納した?」直撃!】

 

《回答拒否》
森喜朗(81)/元首相・東京五輪組織委員会会長
 首相時代は内閣不支持率が8割を超えた森氏。当時はそれを揶揄されて“シンキロウ内閣”と呼ばれた。組織委に免許について聞くと、「個人的なことはお答えできません」と回答した。

 

麻生太郎(78)/衆院議員・副総理兼財務相
「老後2000万円不足問題」で、日本中からひんしゅくを買った麻生氏。運転免許の所持について事務所に聞くと、「お答えできません」とにべもない。


●二階俊博(80)/衆議院議員・自民党幹事長
 免許については、締切りまでに回答はなし。「朝5時に一人でタクシーに乗り出勤してきて、関係者が冷や汗をかいたこともあった」(政治部記者)。

 

●小泉純一郎(77)/元首相
 小泉元首相といえば、明快な物言いだが、免許所持は、「回答いたしません」(事務所)。ある意味で “純ちゃん節”。

 

●伊吹文明(81)/衆院議員・元衆院議長
 現職衆院議員で最高齢。事務所は、「われわれはけっこうです」と回答拒否。

 

●小沢一郎(77)/衆議院議員・国民民主党・総合選挙対策本部長相談役
「本件での取材はお断わりします」

 

●山崎正昭(77)/参議院議員・元参院議長
「多忙につき、取材はお断わりします」

 

●伊達忠一(80)/参議院議員・参院議長
「7月28日をもって任期満了につき、政界を引退しますので……。18年間、お世話になりました」。免許については回答せず。

 

●田中眞紀子(75)/元外相、長岡交通会長
「6月中は多忙につき、お答えできません」

 

●細川護熙(81)/元首相
「個別のことなのでお答えできません」

 

●村山富市(95)/元首相
「お答えしません」


《締切りまでに回答なし》
●福田康夫(82)/元首相
●額賀福志郎(75)/衆議院議員・元財務相、竹下派(平成研)元代表
●山東昭子(77)/参議院議員・麻生派(志公会)代表代行
●衛藤征士郎(78)/衆議院議員・元衆院副議長
●谷川弥一(77)/衆議院議員
●野村哲郎(75)/参議院議員
●アントニオ猪木(76)/参議院議員

 


《未取得》
●亀井静香(82)/元運輸相・元警視正
「もともと免許は持ってねえよ。取るチャンスがなかったから。高齢者は皆、返納したらいい。でも、田舎は困るわね。個々の良識にまかせるしかない」と亀井節を炸裂させた。

 

●青木幹雄(85)/元自民党参院議員会長
「もともと免許証は持っていません」

 

●村上正邦(86)/元自民党参院議員会長
「免許証は取得したことがありません」

 

●不破哲三(89)/元共産党委員長・議長
「もともと免許証は持っていません」

 

●野田毅(77)/衆議院議員・元建設相、元経企庁長官、元国家公安委員長
「一度も取得したことがないので、持っていません」

 


《失効》
●元首相/中曽根康弘(101)
 2018年に100歳となった大勲位・中曽根元首相。「昭和40年代、防衛庁長官になる前のころに更新しなかった。以来、免許証は持っていない」(事務所)という。さすがの貫禄である。

 


《返納》
●武部勤(78)/元自民党幹事長
 現役時は、小泉元首相の腹心中の腹心。「70歳で返納しました。対策としては、“万機公論に決すべし”」と回答した。

 

●山崎拓(82)/元自民党幹事長
「70歳で返納した。免許の取得更新に年齢制限を設け、法令などで定めるべき」と回答。盟友・小泉純一郎氏とは、一線を画した。

 

●河村建夫(76)/衆院議員・元官房長官
「すでに返納済み。私が会長を務める交通安全議員連盟でも、5月22日に総会を開催し、関係各省に対応を要請しました」。ベテランは仕事が早い。

 

●江崎鐵磨(75)/衆院議員・元沖縄北方相
 2017年8月に初入閣するが、体調不良で半年ほどで辞任する。「正直な人柄を慕う人は多い」(自民党中堅議員)。

 

●海部俊樹(88)/元首相
「84歳のときに更新せず、そのまま失効しました。年も年だし、運転する必要もなくなったので」

 

●神崎武法(75)元公明党代表
「2016年7月に返納しました。たとえば、地域限定免許や、自動ブレーキなどを備えた安全運転サポート車に限った運転免許制度の創設など、条件付き免許を検討していいのではないか」

 

●古賀誠(78)/元運輸相、元自民党幹事長
「昨年8月末に返納しました」

 

●高村正彦(77)/元自民党副総裁
「更新せずに返納しました」

 

●片山虎之助(83)/参議院議員・日本維新の会共同代表
「身分証として使っていましたが、2016年に返納しました。昨今のような事故を受け、党内で立法化を含めて検討中です」

 

●水落敏栄(76)/参議院議員
「2018年3月16日に返納しました。高齢者の車の運転については、多くは運転せざるを得ない環境があると推測されます」

 

●溝手顕正(76)/参議院議員・元国家公安委員長
「(免許はいま)持っていません。免許返納に関しては、将来的には義務化も検討する必要は感じています。しかし、とくに過疎地域といわれる場所では、通院や日常の買い物に車が必要なことも事実。免許を返納しても日常生活に支障がないように、交通弱者対策も同時に進めていく必要があると考えます」

 

●尾辻秀久(78)/参議院議員・元参院副議長
「6、7年前に返納しています」

 


※6月21日までに、議員事務所などを通じ、取材をおこなった

 

(週刊FLASH 2019年7月9日号)

12

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入