最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1541号
12月24日号
12月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

滝クリに議員の妻たちが忠告「私なら夫に育休は取らせない」社会・政治 投稿日:2019.10.13 06:00

滝クリに議員の妻たちが忠告「私なら夫に育休は取らせない」

今井恵子さん

 

 官邸内でおこなわれた異例の結婚会見。そして、物議を醸した夫・小泉進次郎環境大臣(38)の「育休発言」。はたして、滝川クリステル(42)は、フリーアナウンサー業と大臣の妻を両立できるのか――。議員の妻の実情を聞くべく、衆議院議員の夫人たちを訪ねた。

 

「毎日が選挙だと感じています。世襲政治家とは違い、主人の名前がブランドになっているわけではないので、当選後も選挙区を歩きまわりました。

 

 

 スタッフと手分けして戸別訪問したり、ポスターの掲示をお願いしたり。田植えの最中に突撃して、追い返されたこともあります(笑)」

 

 こう語るのは、無所属の今井雅人衆議院議員(57・岐阜4区)の妻・恵子さんだ。選挙区の岐阜4区は広く、車で効率的にまわらないと、1日でまわりきることができない。

 

 彼女が「今井家」に嫁いだのは9年前。岐阜放送のアナウンサーだったころ、初出馬した夫の衆院選を取材したことがきっかけで交際に発展。1年後に結婚した。

 

「2度めの選挙の年に長女が、3度めの選挙の年に次女が生まれました。このころがいちばん大変でしたね。事務所にベビーベッドを置いて、支援者からの電話、来訪者への応対に追われる毎日でした」

 

 地元の有力者や財界人に関わる冠婚葬祭には、議員の代理で妻が駆けつけなければならない場合も多い。

 

「地元にはお世話になっている人たちが多いため、冠婚葬祭には主人の代役で、できるだけ出席させてもらっています。主人の名刺を常に携帯し、挨拶の最後に『主人をよろしくお願いします』と伝えます」

 

 名刺やチラシを配ったり、ポスターを貼ったりと、地味な仕事も多い。特に選挙の時期は、いつにも増して忙しいという。恵子さんは、留守がちな夫に代わって地元を守る、“昔ながら” の代議士の妻だ。

 

 一方、小泉氏は、滝クリとの結婚会見で、「私の選挙に、妻がバリバリ出てくることはない」と、彼女が選挙区に住まず、小泉氏が暮らす東京の議員宿舎で同居することを示唆した。

 

「それぞれの地域によって、さまざまな事情があると思いますから一概には言えませんが……。代議士の妻としてアドバイスするなら、体力をつけておくのも仕事かもしれません。

 

 選挙区に住まないにしても、選挙期間中は多くの人に出会い、想像以上に体力を消耗します。体調を崩すと、候補者はもちろんですが、スタッフや支援者の皆さんにも迷惑をかけてしまいますからね」

 

 2020年1月の第1子誕生後の育休取得プランを明かした小泉氏だが、夫の手を借りずに子育てをした恵子さんは、違和感を覚えたようで……。

 

「どうなんでしょうね……。閣僚になられたので、育休どころではないと思います。主人にも、『代わりになる人間はいない』と思ったので、取ってほしくなかったですしね」

12

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入